風土 : 加賀と能登

斉藤外二 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき
  • 第一部 / 1
  • 一、 うつりかわり / 1
  • 古代
  • 中世
  • 近世
  • 現代
  • 地理区
  • 二、 四季と生活 / 8
  • 早春
  • 陽春
  • 新緑
  • 梅雨
  • 盛夏
  • 稔りの秋
  • 晩秋
  • 初雪
  • 雪國の正月
  • 雪 雪
  • 三、 金沢と街と人・文化 / 19
  • 金沢市の農山漁村 郊村地域など
  • 旧城下町 都市地域
  • 金沢の人・文化
  • 四、 工藝産業と現代工業 / 26
  • 加賀藩のケンランたる工藝
  • 現代工業
  • 五、 金沢附近の山と川 / 28
  • 医王山
  • 戸室山
  • 倉ヶ岳
  • 犀川の上流
  • 同中流
  • 同下流
  • 第二部 / 33
  • 一、 手取川扇状地 / 33
  • 手取川の移動
  • 七ヶ用水
  • 耕作景観
  • 聚落
  • 二、 小松市と大聖寺町 / 35
  • 複雜な地形
  • 小松市
  • 大聖寺町
  • 三、 湯の町のにおい / 39
  • 山中温泉
  • 山代温泉
  • 粟津温泉
  • 片山津温泉
  • 温泉と構造線
  • 四、 九谷燒と山中塗 / 41
  • 九谷燒の原料
  • 九谷燒の時代的特色と地域的特色
  • 美術品か実用品か
  • 山中塗の特色
  • 附 山中リーム
  • 五、 鉱山聚落の盛衰 / 45
  • 尾小屋鉱山
  • 倉谷鉱山
  • 六、 白山と手取峽谷 / 47
  • 頂上の景観
  • 登山みち
  • 噴火の記録
  • 白山と立山
  • 大日山
  • 手取峽谷
  • 出作
  • 山島の白峯村
  • 手取統
  • 中宮温泉
  • 吉野谷
  • 七、 礪波山丘陵地 / 54
  • 地形と地質
  • 土地利用の形式
  • 八、 河北潟と砂丘 / 57
  • 潟と水産
  • 漁村風景
  • 加賀水郷
  • 銭屋五兵衞埋立事件
  • 砂丘公園
  • 砂丘の生成
  • 砂丘農業
  • 第三部
  • 一、 能登めぐり / 64
  • 半島の性格
  • 山のなりたち
  • 観光地帶
  • 宝達山
  • 石動山
  • 一ノ宮・柴垣
  • 福浦・巖門
  • 富來町から門前町まで
  • 門前町から輪島町まで
  • 輪島・光浦
  • 輪島町より曾々木まで
  • 曾々木・眞浦
  • 曾々木より祿剛岬をめぐる
  • 飯田町から小木町まで
  • 小木・九十九湾
  • 宇出津町から穴水町まで
  • 穴水町から七尾市まで
  • 和倉温泉・能登島
  • 二、 七尾みなと / 81
  • 三、 邑知潟地溝帶 / 82
  • 地形と地質
  • 邑知潟の運命
  • 人文景
  • 四、 能登の水産と塩田 / 86
  • 外浦の漁業
  • 内浦の漁撈
  • 内湾の養殖漁業
  • 能登塩田藩政の頃明治以後
  • 五、 能登の資源と開拓 / 92
  • 農産と開墾
  • 林産と植林
  • 鉱産資源
  • 交通問題
  • 六、 輪島塗と能登上布 / 98
  • 輪島塗の特色
  • 能登上布の今昔
  • 七、 能登杜氏と船のり / 102
  • 杜氏一行
  • 若い船員たち
  • 八、 舳倉島とあまだち / 104
  • 夢の島
  • 人魚の世界
  • 九、 能登大市 / 106
  • 大市の景観
  • 市場圈
  • 市場と商品
  • 市掛商人
  • 大市の將來
  • 一〇、 加賀と能登のすまい / 110
  • 金沢の武士邸と町屋
  • 加賀の農村
  • 能登の民家

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 風土 : 加賀と能登
著作者等 斉藤 外二
齊藤 外二
書名ヨミ フウド : カガ ト ノト
出版元 宇都宮書店
刊行年月 1949
ページ数 116p
大きさ 22cm
NCID BN15354523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49006995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想