禅と日本文化  続

鈴木大拙 著 ; 北川桃雄 訳

禅は日本人の性格と文化にどのような影響をおよぼしているか。そもそも禅とは何か。本書は、著者が欧米人のためにおこなった講演をもとにして英文で著わされたものである。一九四〇年翻訳刊行いらい今日まで、禅そのものへの比類なき入門書として、また日本の伝統文化理解への絶好の案内書として読みつがれている古典的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 禅の予備知識
  • 第2章 禅と美術
  • 第3章 禅と武士
  • 第4章 禅と剣道
  • 第5章 禅と儒教
  • 第6章 禅と茶道
  • 第7章 禅と俳句

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 禪と日本人の自然愛(一) / 1
  • 一 富士山と伊達政宗・自然への感謝
  • 二 武將歌人太田道灌
  • 三 自然詩人西行・道元とソロー
  • 四 エマスンと東洋思想
  • 第二章 禪と日本人の自然愛(二) / 24
  • 一 禪の特性
  • 二 萬有神論・時頼と時宗
  • 三 禪とアッセチシズム
  • 四 陸亘と南泉・禪の美學・禪と靜寂思想・禪と精神合一性
  • 五 動態的禪・抽象化の否定
  • 第三章 禪と日本人の自然愛(三) / 53
  • 一 風狂良寛
  • 二 詩の愛好者
  • 三 無の生活
  • 四 文人良寛・良寛と西行
  • 五 良寛と子供
  • 六 神ながらの道・無目的
  • 七 涅槃圖について
  • 八 須臾にして消える朝顏・神聖な感情
  • 九 茶室・一碗の茶
  • 第四章 禪と日本人の自然愛(四) / 94
  • 俳句の祕密・さくらの歌
  • 第五章 禪と能 / 111
  • 第六章 禪と茶人 / 123
  • 第七章 禪と問答 / 140
  • 一 大隋の劫火洞然
  • 二 百丈の奇特事
  • 三 維摩と文珠
  • 第八章 禪と空觀 / 162
  • 一 「空」「絶對者」「一心」
  • 二 「好雪片々」・「萬法と伴侶たらざる者」・の「末後の句」
  • 三 禪と世界
  • 四 禪味・禪機・神韻・幽玄・劔士勝軒と猫

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 禅と日本文化
著作者等 北川 桃雄
鈴木 大拙
書名ヨミ ゼン ト ニホン ブンカ
書名別名 Zen to nihon bunka
シリーズ名 岩波新書 ; 第94
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1949
版表示 3版
ページ数 214p
大きさ 18×11cm
ISBN 4004000203
NCID BN01487187
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49010133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想