生活教育と家庭の指導

成蹊小学校P.T.A教育研究部 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき・美濃部亮吉
  • 第一部 生活教育とは / 1
  • 一、 生活教育の目あて・滑川道夫 / 4
  • (一) 教科書中心主義から生活中心主義へ / 5
  • (二) 生活教育の目的と特色 / 7
  • 1 生活教育は人類の幸福のために貢献する人物を育成する / 7
  • 2 生活教育は生活のための教育である / 15
  • 3 生活教育は生活による教育である / 16
  • 4 生活教育は生活そのものの教育である / 17
  • 二、 生活学習について・村上莞爾 / 18
  • (一) どんな学習か / 18
  • (二) いま必要なもの / 20
  • (三) 環境が人をつくる / 22
  • (四) 問題をみつける / 24
  • (五) 生活学習と基礎学習 / 27
  • 三、 生活学習と国語の学び方・清水晴男 / 29
  • (一) もしも「ことば」を知らなかつたら / 29
  • (二) 「ことば」を学ぶわけ / 30
  • (三) いつ、どこで「ことば」を学ぶか / 31
  • (四) 話し方、聞き方をどう育てるか / 36
  • (五) 読み方をどう育てるか / 40
  • (六) 文字練習をどうさせるか / 44
  • (七) 作文の導き方をどうするか / 45
  • 四、 生活学習と算数の学び方・徳永吉晴 / 46
  • (一) 算数を学ぶわけ / 46
  • (二) 昔の算数と今の算数 / 47
  • (三) 変らないもの / 48
  • (四) 算数科指導の目標及び方針 / 49
  • (五) 算数の学び方の根本 / 51
  • (六) 低学年(一、二、三年)の学び方 / 52
  • (七) 高学年(四、五、六年)の学び方 / 55
  • (八) 特殊な問題 / 56
  • 五、 生活学習と理科の学び方・岡義雄 / 61
  • (一) 低学年の指導 / 61
  • 1 理科の立場 / 61
  • 2 生活教育としての理科の特質 / 62
  • 3 環境をととのえる / 63
  • 4 生き生きとした生活のままに導く / 64
  • 5 事実そのものから学ぶ / 66
  • 6 暗示的な指導をする / 69
  • 7 飼育、栽培をする / 70
  • 8 教室外での指導が多い / 71
  • 9 指導案にとらわれない / 72
  • 10 反覆すること / 75
  • (二) 高学年の指導 / 76
  • 六、 生活学習と社会科の学び方・村上莞爾 / 80
  • (一) 社会科の学習 / 80
  • (二) 社会科でとり上げる問題 / 83
  • (三) 生活学習と社会科 / 85
  • (四) 社会科の方法 / 87
  • 七、 生活学習と音樂の学び方・太田文子 / 90
  • (一) 子供は音樂的要素を持つている / 90
  • (二) 明かるいメロデイーを / 92
  • (三) 子供の喜ぶ音樂を / 95
  • 八、 生活学習と図工の学び方 / 96
  • (一) 図画の指導はどうする・太田浪三 / 96
  • (二) 工作の指導はどうする・石井精三 / 102
  • 九、 生活学習と家庭科の学び方・田中久子 / 106
  • (一) 男の子にも針仕事を / 106
  • (二) 家庭科の目標 / 108
  • (三) 家庭科でとりあげる問題 / 110
  • 十、 生活学習と体育の学び方・松井貞子 / 114
  • (一) 昔の優等生 / 114
  • (二) 生活学習と体育の結びつき / 115
  • (三) 各学年でとりあげる問題 / 118
  • (四) 樂しい「夏の学校」 / 122
  • 十一、 生活学習と自由研究・杉山穰 / 125
  • (一) 自ら手足を働かせて学ぶ / 125
  • (二) 問題のえらび方 / 128
  • (三) 子供の研究の價値 / 133
  • 第二部 家庭ではどうすればよいか / 135
  • 一、 家庭における心構え / 138
  • 問 親たちの頭をどう切りかえて行くか・滑川道夫 / 138
  • 問 忙しい母親の指導法は・滑川道夫 / 140
  • 問 マンガばかり読んでこまる・佐藤茂 / 142
  • 二、 親たちの心配 / 149
  • 問 学力が低下しないか・村上莞爾 / 149
  • 問 頭の散漫な子にならないか・村上莞爾 / 153
  • 三、 正しい批判力を養え / 157
  • 問 いいつけられないとしない子はどうする・杉山穰 / 157
  • 問 両親はどんな指導をすべきか・赤堀秀利 / 161
  • 問 誤つた評價を直すには・吉田虎彦 / 165
  • 四、 子供の考えを尊重しよう / 168
  • 問 理屈つぽい子はどうする・香取良範 / 168
  • 問 口答え、反抗する子は・野村純三 / 171
  • 問 落付きのない散漫な子は・山形爲次 / 175
  • 問 出來ない子は・奧下市郎 / 178
  • 五、 しつけは嚴格に / 182
  • 問 小遣銭は與えてよいか・滑川道夫 / 182
  • 問 規則正しい生活をさせるには・香取良範 / 185
  • 問 礼儀正しくさせるには・吉田虎彦 / 187
  • 六、 各学科の指導について / 193
  • 問 作文のへたな子は・佐藤茂 / 193
  • 問 宿題が必要と思うが・山形爲次 / 197
  • 問 休み中の学ばせ方・佐々木金之助 / 200
  • 問 親の手傳いはどの程度に・石井精三 / 202
  • 問 參考書は與えてよいか・佐々木金之助 / 206
  • 編者のことば・細川清徳 / 208

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 生活教育と家庭の指導
著作者等 成蹊小学校P. T. A教育研究部
細川 清徳
成蹊小学校P T A教育研究部
書名ヨミ セイカツ キョウイク ト カテイ ノ シドウ
シリーズ名 牧書店刊・教育特選書
出版元 牧書店
刊行年月 1949
ページ数 211p
大きさ 19cm
NCID BN07275691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49004120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想