日本農業技術史  下巻

古島敏雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第五章 近世前期の農業技術 / 297
  • 第一節 時代の概觀 / 297
  • 第二節 近世前期農業の構成要素 / 302
  • 一、 農具 / 302
  • 1、 耕耘要具 / 302
  • 2、 揚水機 / 318
  • 3、 收穫・調製要具 / 326
  • 4、 選別要具 / 334
  • 二、 地力の維持・補給の諸方策 / 339
  • 1、 燒畑 / 341
  • 2、 牧畑 / 346
  • 3、 自給肥料 / 350
  • 4、 購入肥料 / 362
  • 5、 肥料施用法 / 371
  • 三、 作物の種類、新作物の導入 / 373
  • 1、 種類 / 373
  • 2、 木綿 / 374
  • 3、 煙草 / 377
  • 4、 甘藷 / 386
  • 5、 其の他の新作物 / 389
  • 第三節 水田耕作の擴大と技術的發展 / 394
  • 一 新田開發と治水・灌漑 / 394
  • 二 稻の品種 / 404
  • 三 稻作法の概觀 / 410
  • 1、 山間部刈敷施用地帶の特質 / 410
  • 2、 農書を中心とした稻作法 / 417
  • 第四節 近世前期の畑作 / 445
  • 一、 自給用の穀作技術 / 445
  • 二、 商品化作物の栽培 / 455
  • 第五節 近世前期の養蠶・養畜 / 470
  • 一、 前期に於ける養蠶の概觀 / 470
  • 二、 畜産 / 481
  • 第六節 近世前期の農業經營 / 491
  • 一、 後進地の農業經營 / 491
  • 二、 年傭勞力による地主手作 / 497
  • 第六章 近世後期の農業技術 / 501
  • 第一節 時代の概觀 / 501
  • 第二節 近世後期農業技術の構成要素とその發展 / 505
  • 一、 近世後期農具の發展と分布 / 505
  • 1、 耕耘要具 / 505
  • 2、 脱穀・調製要具 / 542
  • 二、 近世後期肥料の地域差と農業の發展 / 547
  • 1、 東北地方の肥料 / 549
  • 2、 關東地方の肥料 / 563
  • 3、 東山地方の肥料 / 574
  • 4、 東海地方の肥料 / 586
  • 5、 近畿地方の肥料 / 591
  • 6、 山陽地方の肥料 / 599
  • 7、 北陸地方の肥料 / 607
  • 8、 山陰地方の肥料 / 613
  • 9、 四國地方の肥料 / 615
  • 10、 九州地方の肥料 / 617
  • 三、 馬鈴薯の傳來と甘藷の普及 / 620
  • 第三節 近世後期に於ける水田耕作 / 626
  • 一、 治水技術の發達と水田の増加 / 626
  • 二、 稻の品種 / 631
  • 三、 近世後期に於ける稻作法の發展 / 645
  • 1、 選種 / 646
  • 2、 浸種と播種量 / 648
  • 3、 苗代整地・陸苗代 / 652
  • 4、 冷害對策 / 654
  • 5、 病害・蟲害除去 / 656
  • 第四節 近世後期の畑作 / 661
  • 一、 普通畑作の地位とその耕作改良の重點 / 661
  • 二、 後進地に於ける商品作物栽培法 / 668
  • 三、 先進地に於ける商品作物の栽培法 / 674
  • 第五節 近世後期の養蠶・養畜 / 690
  • 一、 養蠶・製絲業の發達 / 690
  • 二、 桑畑の造成と栽桑法 / 694
  • 三、 蠶種製造業の成立と養蠶法の概觀 / 697
  • 四、 近世後期の養畜 / 706
  • 第六節 近世後期の農業經營 / 712
  • 一、 手作經營の縮少・小作農の出現 / 712
  • 二、 後期に於ける小規模經營の樣相 / 723
  • あとがき / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本農業技術史
著作者等 古島 敏雄
書名ヨミ ニホン ノウギョウ ギジュツシ
巻冊次 下巻
出版元 時潮社
刊行年月 1949
版表示 再版
ページ数 731p
大きさ 22cm
NCID BA38782047
BN03186330
BN03219247
BN0275941X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49004518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想