子の惚ける父の思出

浜田未知 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 例言
  • 第一編 父を語りたいこころ(序に代へて) / 1
  • 第二編 父の一生 / 12
  • 一 出生より西南戰爭まで / 13
  • 二 長崎税關時代 / 17
  • 三 横濱税關時代 / 21
  • 四 渡米のあとさき / 23
  • 五 大藏省時代、日本銀行入り / 34
  • 六 日本銀行西部支店長時代 / 44
  • 七 局長時代、連袂辭職 / 57
  • 八 島津家財政部長時代 / 67
  • 九 父の健康と保健 / 71
  • 一〇 病臥から蓋棺まで / 76
  • 第三編 父の趣味と逸話 / 86
  • 第一 趣味 / 86
  • 一 謠曲
  • 二 碁將棋
  • 三 體育
  • 四 讀書、文藝、繪畫
  • 五 酒、煙草
  • 第二 逸話 / 96
  • 一 『ボートを持つて來て呉れ!』
  • 二 フランスは日本語の方がよく判る
  • 三 主人の留守に上り込む西洋人
  • 四 『おいはここにをつど』
  • 五 殿さま手中の玉
  • 第四編 『お惚け』餘談 / 108
  • 一 父と其の兄弟姉妹 / 108
  • 二 因果律といふこと / 110
  • 三 父と清廉 / 111
  • 四 正義觀 / 112
  • 五 『道』といふ字(命名に就て) / 114
  • 六 父と家庭 / 116
  • 七 家計に就て / 117
  • 八 處生と節度 / 119
  • 九 金錢貸借に就て / 120
  • 一〇 父と人情 / 121
  • 第五編 父と尺牘 / 124
  • 第六編 補遺 / 139
  • 一 拙著執筆に關する伊地知正一氏よりの書簡 / 139
  • 二 吉原日銀總裁海外派遣に關する文献 / 140
  • 三 明治二十年頃の貨幣價値(吉原總裁葬儀費のこと) / 142
  • 四 お懷かしき人々 / 143
  • 後記(樂屋噺) / 147
  • 附録
  • 未知の句日記抄 昭和十七年一月より同十八年三月に至る / 157

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 子の惚ける父の思出
著作者等 浜田 道之助
浜田未知
書名ヨミ コ ノ ホウケル チチ ノ オモイデ
出版元 宮田久
刊行年月 1943
ページ数 162p 図版
大きさ 18cm
NCID BN10916386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48015527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想