生産と分配

栗村雄吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 供給凾數論 / 3
  • 第一節 供給凾數の意味 / 3
  • 第二節 總費用 / 6
  • 第三節 平均費用 / 10
  • 第四節 限界費用 / 12
  • 第五節 個人的供給凾數 / 15
  • 第六節 損失を含む場合の供給凾數 / 18
  • 第七節 社會的供給凾數 / 20
  • 第八節 補償の關係 / 23
  • 第二章 純粹費用曲線 / 26
  • 第一節 費用の分析 / 26
  • 第二節 總費用曲線と限界費用曲線 / 31
  • 第三節 平均費用曲線 / 37
  • 第四節 平均費用曲線と總費用及限界 / 43
  • 第五節 生産の限度 / 46
  • 第六節 最能限曲線と計畫費用曲線 / 55
  • 第三章 限界生産力説の吟味 / 68
  • 第一節 説問 / 68
  • 第二節 限界生産力説の敍述 / 70
  • 第三節 吟味 / 83
  • 第四節 要約 / 107
  • 第四章 限界生産力説の成立 ウイツクステイード的惱の解決 / 109
  • 第一節 説問 / 109
  • 第二節 ウイツクステイードの惱 / 111
  • 第三節 その吟味 / 116
  • 第四節 問題の解 / 120
  • 第五章 賃銀と物價 / 125
  • 第一節 問題の所在 / 125
  • 第二節 自由勞働賃銀の全面的引上げの短期的影響 / 129
  • 第三節 自由勞働賃銀引上げの長期的影響 / 148
  • 第四節 獨占勞働賃銀引上の影響 / 152
  • 第五節 現下に於ける問題 / 156
  • 第六章 固定資本財の壽命と自動性 / 166
  • 第一節 前書 / 166
  • 第二節 問題の性質 / 168
  • 第三節 固定資本財の壽命 / 175
  • 第四節 固定資本財の自動性 / 192
  • 第五節 賃銀及利子と固定資本財との關係 / 198
  • 第七章 節約の理論 / 201
  • 第一節 節約の動機 / 201
  • 第二節 被認識欲望充足手段としての節約 / 208
  • 第三節 自動的節約 / 217
  • 第四節 節約と利子との關係 / 239
  • 第五節 その他の節約 / 250
  • 第八章 節約投資均等の問題 / 255
  • 第一節 問題の性質 / 255
  • 第二節 ケインズの見解 / 257
  • 第三節 カーテイス・ラアナアの見解 / 260
  • 第四節 ホウトレー對ラアナアの見解 / 268
  • 第五節 ヒツクスの解釋 / 275

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 生産と分配
著作者等 栗村 雄吉
書名ヨミ セイサン ト ブンパイ
書名別名 Seisan to bunpai
シリーズ名 新理論経済学叢書 ; 第5巻
出版元 増進堂
刊行年月 1949
ページ数 278p
大きさ 22cm
NCID BN08446359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49002583
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想