製鉄を学ぶ

中島竜一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 製鐵入門 / 1
  • 第一項 桑滄の變、日本の製鐵現状 / 1
  • 第二項 外國製鐵業の近況 / 6
  • 第三項 製鐵業は何故必要か / 9
  • 第二章 鐵は何に使はれ、何故重要か / 11
  • 第一項 鐵の普遍性 / 11
  • 第二項 一般的用途 / 12
  • 第三項 鑄鐵品、鑄鋼品、鍛鋼品の用途 / 16
  • 第四項 壓延鋼材の用途 / 16
  • 第三章 製鐵の歴史と進歩の事蹟 / 23
  • 第一項 往古 / 23
  • 第二項 中世 / 27
  • 第三項 近代 / 30
  • 第四項 日本の略史 / 40
  • 第四章 戰前列強の製鐵業の動き / 45
  • 第一項 概説 / 45
  • 第二項 第一次大戰當時 / 47
  • 第三項 世界的不況時代 / 48
  • 第四項 第二次大戰勃發 / 50
  • 第五項 米國 / 51
  • 第六項 獨逸 / 52
  • 第七項 英國 / 54
  • 第八項 ソ聯邦 / 54
  • 第九項 日本 / 57
  • 第五章 鐵鋼は如何にして造られるか / 60
  • 第一項 鐵鋼の種類 / 60
  • 第二項 製鐵の原料 / 64
  • 第三項 鐵鑛石及び石炭の採掘 / 70
  • 第四項 製鐵所の概觀 / 73
  • 第五項 製鐵所のいろいろの型 / 79
  • 第六項 製鐵作業と電力、水、輸送 / 81
  • 第七項 製鐵所見學前記 / 83
  • 第六章 銑鐵の生れるまで(製銑作業) / 86
  • 第一項 製鐵作業と人生 / 86
  • 第二項 熔鑛爐關係設備 / 87
  • 第三項 熔鑛爐の構造 / 94
  • 第四項 熔鑛爐の作業 / 98
  • 第五項 コークスの製造 / 105
  • 第六項 コークスの副生品 / 109
  • 第七項 高爐鑛滓の副生品 / 111
  • 第八項 その他の製鐵方法 / 114
  • a 小型熔鑛爐
  • b 木炭熔鑛爐
  • c 我が國古來のタタラ法
  • d 土法銑製造法
  • e 回轉爐
  • f 竪爐
  • g 電氣爐
  • h 電氣熔鑛爐
  • i 土窯式製鐵法
  • 第七章 銑鐵を鋼にする(製作鋼業) / 126
  • 第一項 製鋼工場概觀 / 126
  • 第二項 平爐の構造と作業 / 128
  • 第三項 轉爐の構造と作業 / 136
  • 第四項 轉爐と平爐との比較 / 140
  • 第五項 電氣爐製鋼法 / 141
  • 第六項 ルツボ製鋼法 / 144
  • 第八章 鋼材の壓延(壓延作業) / 147
  • 第一項 壓延工場概觀 / 147
  • 第二項 壓延鋼材の種類 / 148
  • 第三項 壓延工場の種類 / 150
  • 第四項 壓延工場諸設備 / 151
  • a 均熱爐
  • b 加熱爐
  • c 壓延機
  • d 壓延機用原動機
  • e 壓延機補助裝置
  • f 截斷及び冷却裝置
  • g 精整設備
  • h 移送設備
  • i その他の作業設備
  • j 補助設備電動機
  • k 壓延工場の建家
  • 第五項 壓延作業の概要 / 172
  • a 加熱均熱作業
  • b 壓延作業
  • c 壓延作業の形式
  • d 壓延造形法
  • e 精整作業その他
  • 第六項 各壓延工場の概要 / 180
  • a 分塊工場
  • b 大形及軌條工場
  • c 中形工場
  • d 小形工場
  • e 線材工場
  • f 厚板工場
  • g 中板工場
  • h 薄板工場
  • i ブリキ工場
  • j 帶鋼工場
  • k 廣幅帶鋼工場
  • l 平鋼工場
  • m 外輪工場
  • n 鋼管工場
  • o 伸鐵工場
  • p 直接壓延法の研究
  • 第九章 鍛鋼品と鑄鋼品 / 251
  • 第一〇章 特殊鋼のこと / 253
  • 附録
  • 製鐵關係用語日英對照表 / 258

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 製鉄を学ぶ
著作者等 中島 竜一
中島 龍一
書名ヨミ セイテツ オ マナブ
シリーズ名 学ぶ叢書
出版元 潮文閣
刊行年月 1950
ページ数 257p
大きさ 19cm
NCID BA47376207
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48015634
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想