交流電気回路

村田愛祐 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 交流一般
  • 1.1 直流と交流 / 1
  • 1.2 交番起電力の發生 / 2
  • 1.3 正弦波交流 / 2
  • 1.4 周波數及び周期 / 5
  • 1.5 電氣角 / 6
  • 1.6 實效値 / 6
  • 1.7 波形率及び波高率 / 9
  • 1.8 位相 / 10
  • 第一章 問題竝に解答(1-20) / 13
  • 第二章 ベクトル
  • 2.1 廻轉ベクトルと正弦波 / 21
  • 2.2 正弦波交流の和及び差 / 22
  • 2.3 二つの正弦波電壓の和及び差の値 / 25
  • 第二章 問題竝に解答(1-10) / 27
  • 第三章 直列回路
  • 3.1 抵抗のみの回路 / 31
  • 3.2 誘導リアクタンスのみの回路 / 32
  • 3.3 容量リアクタンスのみの回路 / 35
  • 3.4 抵抗及びインダクタンスの直列回路 / 37
  • 3.5 抵抗及び靜電容量の直列回路 / 38
  • 3.6 抵抗、インダクタンス及び容量の直列回路 / 39
  • 3.7 直列共振 / 41
  • 3.8 二つのインピーダンスの直列回路 / 44
  • 第三章 問題竝に解答(1-30) / 47
  • 第四章 交流電力
  • 4.1 交流回路の電力 / 62
  • 4.2 力率 / 65
  • 4.3 電流、電壓の有效分及び無效分 / 67
  • 4.4 抵抗と電力 / 68
  • 第四章 問題竝に解答(1-20) / 70
  • 第五章 竝列回路
  • 5.1 抵抗及びインダクタンスの竝列回路 / 83
  • 5.2 抵抗及び容量の竝列回路 / 84
  • 5.3 インダクタンス及び容量の竝列回路 / 85
  • 5.4 抵抗、インダクタンス及び容量の竝列回路 / 86
  • 5.5 アドミッタンス、コンダクタンス及びサッセプタンス / 87
  • 5.6 二つのインピーダンスの竝列回路(其の1) / 89
  • 5.7 二つのインピーダンスの竝列回路(其の2) / 91
  • 5.8 二つ以上のインピーダンスの竝列回路 / 92
  • 5.9 直竝列回路 / 93
  • 第五章 問題竝に解答(1-18) / 95
  • 第六章 記號法
  • 6.1 ベクトルと複素數 / 108
  • 6.2 複素數の計算 / 110
  • 6.3 複素數の加減とベクトルの加減 / 112
  • 6.4 複素數の乘除 / 113
  • 6.5 複素數の他の表し方 / 117
  • 6.6 電壓、電流及びインピーダンス / 119
  • 6.7 アドミッタンス、コンダクタンス、サッセプタンス / 121
  • 6.8 記號法による電力 / 122
  • 6.9 直列回路 / 124
  • 6.10 竝列回路 / 125
  • 6.11 直竝列回路 / 127
  • 6.12 ブリツヂ回路 / 129
  • 6.13 交流の正方向と位相 / 134
  • 第六章 問題竝に解答(1-40) / 137
  • 第七章 二相交流
  • 7.1 二相起電力 / 167
  • 7.2 二相四線式 / 168
  • 7.3 二相三線式 / 169
  • 第七章 問題竝に解答(1-3) / 171
  • 第八章 三相交流
  • 8.1 三相起電力 / 174
  • 8.2 三相三線式の電壓 / 175
  • (a) 星形結線 / 175
  • (b) 三角結線 / 177
  • 8.3 平衡三相回路の電流及び電力 / 178
  • (a) 星形結線 / 178
  • (b) 三角結線 / 180
  • 8.4 V結線 / 184
  • 8.5 不平衡三相回路の電流及び電力 / 185
  • (a) 星形結線(中性線の無い場合) / 185
  • (b) 星形結線(中性線の有る場合) / 187
  • (c) 星形負荷に非對稱三角電壓を給與せる場合 / 188
  • (d) 相廻轉と相廻轉表示器 / 191
  • 8.6 星形結線と三角結線の置換 / 194
  • 8.7 三相電力の測定 / 196
  • (a) 二電力計法 / 196
  • (b) 三電力計法 / 198
  • (c) 平衡三相回路の電力測定 / 199
  • 8.8 平衡三相回路の無效電力測定 / 200
  • (a) 一電力計法 / 200
  • (b) 二電力計法 / 201
  • 第八章 問題竝に解答(1-63) / 203
  • 第九章 多相交流
  • 9.1 多相式 / 253
  • 9.2 結合對稱多相式 / 254
  • (a) 結合式の種類 / 254
  • (b) 結合對稱多相式の電壓 / 254
  • (c) 結合對稱多相式の電流 / 255
  • (d) 結合對稱多相式の電力 / 257
  • 9.3 對稱多相式の特性 / 258
  • (a) 廻轉磁界を作ること / 258
  • (b) 電力の瞬時値一定なること / 262
  • 第九章 問題竝に解答(1-3) / 265
  • 第十章 歪波交流
  • 10.1 歪波 / 267
  • 10.2 波形と高調波 / 267
  • 10.3 單相回路と高調波 / 269
  • 10.4 歪波交流の實效値 / 271
  • 10.5 歪波交流の電力 / 273
  • 10.6 歪波交流の力率 / 274
  • 10.7 歪波交流の波形率、波高率及び其他 / 274
  • 10.8 等價正弦波 / 275
  • 10.9 三相回路と高調波 / 276
  • (a) 電源が三角結線の場合 / 278
  • (b) 電源が星形結線の場合 / 279
  • (c) 廻轉磁界 / 279
  • 10.10 高調波の共振 / 280
  • 第十章 問題竝に解答(1-13) / 281
  • 第十一章 交流による鐵の磁化
  • 11.1 空心ソレノイドのインダクタンス / 291
  • 11.2 理想的鐵心ソレノイドのインダクタンス / 293
  • 11.3 鐵心ソレノイドの電流 / 293
  • (a) ヒステリシスの影響 / 293
  • (b) 渦流損の影響 / 296
  • 第十一章 問題竝に解答(1-7) / 298
  • 第十二章 相互インダクタンスを有する回路
  • 12.1 竝列二線輪間の相互インダクタンス / 303
  • 12.2 直列二線輪間の相互インダクタンス / 306
  • 12.3 變壓器回路 / 308
  • 第十二章 問題竝に解答(1-10) / 309
  • 第十三章 重疊の理
  • 重疊の理 / 319
  • 第十三章 問題竝に解答(1-4) / 323
  • 第十四章 對稱座標法
  • 14.1 對稱座標法 / 326
  • 14.2 三相交流發電機の基本式 / 328
  • 14.3 一相接地 / 331
  • 14.4 二相短絡 / 332
  • 14.5 Z0,Z1及びZ2 / 334
  • 14.6 送電線の一線接地 / 335
  • 14.7 送電線の二線短絡 / 338
  • 第十四章 問題竝に解答(1-2) / 341
  • 第十五章 變壓器回路
  • 15.1 基本ベクトル圖 / 344
  • 15.2 變壓器の極性 / 345
  • 15.3 相數變換 / 347
  • 15.4 特殊變壓器回路 / 352

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 交流電気回路
著作者等 村田 愛祐
書名ヨミ コウリュウ デンキ カイロ
出版元 逓試社
刊行年月 1949
版表示 6版
ページ数 359p
大きさ 22cm
NCID BA59638016
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49003147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想