はなだか蜂研究記

常木勝次 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一つ星の日曜日から / 1
  • 野外演習の一日
  • 日曜日の詩
  • 二度目の訪問
  • 鼻高蜂
  • 新しいコロニー
  • 兩地での收穫
  • 巣の構造
  • 卵とその産付法
  • 所謂隨時給食の問題
  • 獲物の種類と量
  • 育兒習性
  • 狩と獲物の状態
  • 竝行育兒の問題
  • 寄生蠅
  • 再會 / 56
  • 鬼怒河原での出會ひ
  • 完成した巣の状態
  • 繭の造り方
  • 三度鼻高蜂の生活を探る / 74
  • 札幌へ
  • 新しい問題
  • 札幌郊外の營巣地
  • 地物認識に關する豫備實驗
  • 困難な觀察
  • 新しいコロニーの巣と獲物
  • 幼虫の繭造り追究
  • 育房内に於る母子の接觸
  • 二頭の幼虫を一緒に飼ふ試み
  • 母子關係追研
  • 鼻高蜂の巣内に於る行動 特に母蜂の心理に關する研究(一) / 122
  • 一九四七年度の出發
  • 新しい計畫
  • ガラスの育房と坑道
  • 鼻高蜂の棲む二つの世界
  • 野外研究者と機會
  • ガラス管中に於る蜂の行動
  • 坑道内に於る滯留
  • 産卵する所を見ようとする
  • 育房を空虚にする實驗
  • 育房から幼虫だけを除く實驗
  • 食物だけを除く實驗
  • 幼虫を卵と取りかへる
  • 母子接觸の場面
  • 鼻高蜂はどの程度にその子を認識するか 母蜂の心理に關する研究(二) / 172
  • 子供の掏替へ(同種間)
  • 二つの育房と二頭の幼虫を與へる實驗
  • 子供の掏替へ(異種間)
  • 複雜な組合せによる實驗
  • N二四の場合
  • 鼻高蜂部落の明暗 / 236
  • 部落の誕生
  • 或る狩の場面
  • 一日の活動状況
  • 寄生蠅の侵入方法
  • 強敵
  • 求愛の場面
  • 部落の終焉
  • 補遺 / 265
  • 記憶飛行
  • 戸まどひ
  • 巣に對する執著
  • 巣の構造
  • 入口の除け土の問題
  • 産卵臺となる獲物の大きさ
  • 幼虫が最初に食ふもの
  • 幼虫の齡
  • 獲物の種類と調査數
  • 獲物の状態
  • フアブルの「鼻高蜂の論理」に就て
  • 食物の集め方
  • 給食の實態
  • 獲物の一時貯藏(?)
  • 竝行育兒
  • 獲物の爭奪
  • 子の育たない巣
  • 殘片の状態
  • 殘片調査
  • ニクバヘの屍體から生れる蛆
  • 殘物の整理
  • 繭の呼吸孔
  • 天敵として移殖する試み
  • 後記

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 はなだか蜂研究記
著作者等 常木 勝次
書名ヨミ ハナダカバチ ケンキュウキ
書名別名 Hanadakabachi kenkyuki
出版元 講談社北海道支社
刊行年月 1948
ページ数 303p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
49002918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想