差分法

福田武雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • まえがき
  • 第1章 差分 / 3
  • 1. 差分の意義 / 3
  • 2. 高階の差分 / 4
  • 3. 多變數函數の差分(偏差分) / 6
  • 4. 特別な函數の差分 / 7
  • 第2章 和分 / 11
  • 5. 和分の意義 / 11
  • 6. 二三の函數の和分 / 14
  • 7. 部分和分法 / 16
  • 8. 有理整函數の和分 / 20
  • 9. Bernoulliの數と函數 / 22
  • 10. 有理分函數の和分 / 26
  • 11. Euler‐Maclaurinの和分公式 / 28
  • 第3章 補間法 / 34
  • 12. 補間法の原理 / 34
  • 13. Newtonの補間式 / 35
  • 14. Stirlingの補間式 / 39
  • 15. Besselの補間式 / 42
  • 16. Gaussの補間式 / 44
  • 17. 數値微分法 / 46
  • 18. 數値積分法 / 49
  • 第4章 線形差分方程式概説 / 54
  • 19. 差分方程式 / 54
  • 20. 線形差分方程式の解について / 56
  • 21. 同次線形差分方程式の階數を低めること / 61
  • 22. Lagrangeの常數變化法 / 64
  • 23. 境界條件 / 67
  • 第5章 常數係數の線形差分方程式 / 71
  • 24. 同次方程式 / 71
  • 25. 對稱形同次方程式 / 78
  • 26. 非同次方程式 / 81
  • 27. 特別な非同次方程式 / 85
  • 28. 構造力學における差分方程式の應用 / 93
  • 29. 連立方程式 / 112
  • 30. 應用例題(彈性支承上の連續梁) / 120
  • 第6章 變數係數の線形差分方程式 / 126
  • 31. 常數係數の線形差分方程式に變形し得るもの / 126
  • 32. 一階の同次線形差分方程式 / 130
  • 33. Gamma‐函數 / 133
  • 34. 定積分による線形差分方程式の解法 / 140
  • 35. 例題 / 147
  • 第7章 差分方程式における固有値の問題 / 153
  • 36. 同次境界條件にたいする同次線形差分方程式の固有解 / 153
  • 37. 非同次差分方程式の解を同次差分方程式の固有解であらわすこと / 156
  • 38. 常數係數の對稱形の2階差分方程式 / 160
  • 39. 不定係數項に變數係數をふくむ差分方程式 / 165
  • 第8章 線形偏差分方程式 / 169
  • 40. 線形偏差分方程式の形 / 169
  • 41. 線形偏差分方程式の一般解と境界條件 / 171
  • 42. 同次境界條件に對する十字形線形偏差分方程式の解法 / 173
  • 43. 矩形ラーメンへの應用 / 178
  • 44. 調和函數,重調和函數等の近似數値解法 / 190
  • 索引 / 203

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 差分法
著作者等 福田 武雄
書名ヨミ サブンホウ
書名別名 Sabunho
シリーズ名 数学集書 ; 第13
出版元 河出書房
刊行年月 1948
ページ数 204p
大きさ 21cm
NCID BN02921438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48010323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想