山林の管理

大崎六郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • まえがき / 1
  • 第一章 日本の山林にはどんな特徴があるか? / 1
  • (一) 日本は世界有數の山林國である / 1
  • (二) 日本の山林は、内容が豊富である / 6
  • 第二章 山林は國民生活にどんな役割を持つか? / 14
  • (一) 山林は、有形的にも無形的にも、種々な役割を果している / 14
  • (二) 無形的な役割には測り知れない程のものがある / 17
  • 第三章 林産物はどれ位あるか? / 27
  • (1) 用材 / 29
  • (2) 薪炭材 / 36
  • (3) 竹材 / 37
  • (4) 造林用種子 / 38
  • (5) 樹實及び樹皮 / 38
  • (6) 柴草 / 39
  • (7) 椎茸 / 40
  • (8) たけのこ / 41
  • (9) わさび / 42
  • (10) 松脂 / 42
  • (11) 木炭 / 43
  • 第四章 山林から見た日本歴史はどうであろうか? / 45
  • (一) 日本民族は、南方より移住して來たようにも考えられる / 45
  • (二) 日本歴史の裏付けとなるものに造林史がある / 48
  • 第五章 林業の教育はどうなつているか? / 59
  • (一) 學校教育は官僚養成主義であつた / 59
  • (二) 林業綜合誌の權威あるものが欲しい / 67
  • (三) 林業政策の理論と實際とは離れている / 70
  • 第六章 山林はどのようにして經營されているか? / 74
  • (一) 國有林・公有林・社寺有林・私有林の別がある / 74
  • (二) 代表的な課題を提出する / 83
  • 第七章 『治山治水』とはどういうことか? / 92
  • (一) 山林の保水力は存外小さいものである / 92
  • (二) 造林政策と山林開拓とには、何れも反省すべき點がある / 97
  • 第八章 木材の飢饉は來るだろうか? / 107
  • (一) 世界は木材飢饉に直面している / 107
  • (二) 平凡な對策を強力に實行に移したい / 111
  • 第九章 観光と山林とはどんな關係にあるか? / 118
  • (一) 樹林を通じての特殊な風景觀がある / 118
  • (二) 觀光事業としては、種々の考うべき問題がある / 124
  • 第十章 山林の所有はどうすべきか? / 136
  • (一) 民有林の國家買上げ問題について〔問〕 / 136
  • (二) 山林所有の歸趨〔私の答〕 / 140

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 山林の管理
著作者等 大崎 六郎
書名ヨミ サンリン ノ カンリ
書名別名 Sanrin no kanri
シリーズ名 農芸新書 ; 第9
出版元 農芸科学社
刊行年月 1948
ページ数 142p
大きさ 19cm
NCID BN1418967X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48010069
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想