哲学は何をしたか : 唯物弁証法の哲学

ディーツゲン・ヨゼフ 著 ; 山川均 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • I 『哲學の實果』 / 1~156
  • 著者の序文 / 3
  • 一 特殊な對象としての認識 / 9
  • 二 認識の力と宇宙とは血縁的につながつている / 15
  • 三 知力はどのような意味で、有限にして無限であるか? / 22
  • 四 自然の普遍性について / 31
  • 五 靈魂の一部分としての認識の力 / 38
  • 六 意識には、一般に知る能力とともに、全自然の普遍性についての意識があたえられている / 49
  • 七 心靈と自然との親族關係、または一致 / 58
  • 八 認識は物質的である / 67
  • 九 論理學の四法則 / 73
  • 一〇 宗教の領分における認識の機能 / 88
  • 一一 原因結果の区別は、認識の一手段である / 99
  • 一二 精神と物質 どちらが第一次的で、どちらが第二次的か? / 109
  • 一三 明確な認識の可能にたいする疑いが克服された範圍 / 121
  • 一四 疑わしい認識と明白な認識との區別についての議論のつづき / 135
  • 一五 結論 / 147
  • II 『一勞働者の見た人間頭腦の働きの性質』 / 157~320
  • 著者の序文 / 159
  • 一 緒論 / 165
  • 二 純粹理性、または一般的に見た思惟能力 / 182
  • 三 物の性質 / 205
  • 四 自然科學における理性の實踐 / 235
  • (a) 原因と結果 / 240
  • (b) 物質と心 / 254
  • (c) 力と物質 / 260
  • 五 『實踐理性』または道徳 / 270
  • (a) 賢明と合理 / 270
  • (b) 道徳と正義 / 282
  • (c) 神聖 / 298
  • 譯者の序文にかえ (ディーツゲンの人となりとその哲學) / 321

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 哲学は何をしたか : 唯物弁証法の哲学
著作者等 Dietzgen, Joseph
山川 均
ディーツゲン・ヨゼフ
書名ヨミ テツガク ワ ナニ オ シタカ : ユイブツ ベンショウホウ ノ テツガク
書名別名 Tetsugaku wa nani o shitaka
出版元 玄理社
刊行年月 1948
ページ数 346p
大きさ 19cm
NCID BN13237675
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48014245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想