商店法論

井上貞蔵 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 二三の基本的概念 / 1
  • 第二章 商業使用人の社會的意義 / 8
  • 一、 商業使用人の數 / 8
  • 1 概説 / 8
  • 2 外國の商業使用人數 / 9
  • 3 日本の商業使用人數 / 11
  • 4 婦人及び少年被傭者數 / 14
  • 5 大都市に於ける商業使用人數 / 15
  • 二、 商業使用人の増大 / 18
  • 三、 商業使用人のイデオロギー / 21
  • 第三章 商業使用人の生活 / 29
  • 一、 商業使用人の年齡 / 29
  • 二、 商業使用人の家族 / 30
  • 三、 商業使用人の住居 / 33
  • 1 概説 / 33
  • 2 獨立住居生活者 / 35
  • 3 間借又は同居生活者 / 39
  • 4 家賃 / 39
  • 第四章 商業使用人雇傭制度の囘顧 / 43
  • 一、 ヨーロッパの制度 / 43
  • 1 商業の復活 都市の發生 / 43
  • 2 ギルドの發生 / 45
  • 3 徒弟及び職人 / 46
  • (a) 徒弟 / 47
  • (b) 職人 / 51
  • 二、 日本の制度 / 53
  • 1 商業の發達 / 53
  • 2 丁稚制度 / 54
  • 第五章 商店員の雇傭關係 / 61
  • 一、 商店員の收入 / 61
  • 1 現代に於ける商店員の收入の意義 / 61
  • 2 外國に於ける商店員の收入 / 62
  • 3 日本に於ける商店員の收入 / 67
  • 甲、 丁稚(年期)制度に依る收入 / 68
  • 乙、 月給制度に依る收入 / 70
  • 二、 商店員の勞働時間 / 74
  • 1 商店員の就業時間 / 75
  • (a) 外國に於ける商店員の就業時間 / 75
  • (b) 日本に於ける商店員の就業時間 / 83
  • 2 商店員の休暇 / 90
  • (a) 外國に於ける商店員の休暇 / 90
  • (b) 日本に於ける商店員の休暇 / 93
  • 三、 其他の雇傭關係 / 101
  • 1 商店員の解雇豫告 / 101
  • 2 商店施設 / 102
  • 第六章 商店法の發展 / 105
  • 一、 諸外國に於ける商店法の發展 / 106
  • 1 イギリス / 106
  • 2 ヨーロッパ諸國 / 109
  • 獨逸 / 109
  • ノールウェー / 111
  • 瑞典 / 112
  • ベルギー / 113
  • スイス / 113
  • オーストリア / 114
  • ハンガリー / 115
  • 伊太利 / 116
  • 3 アメリカ諸國 / 116
  • 4 其他諸國 / 117
  • 二、 商店員勞働時間の國際的規律 / 119
  • 三、 日本に於ける商店法の發展 / 134
  • 第七章 商店法の分析 / 164
  • 一、 營業時間の制限 / 164
  • 1 閉店時刻のみの規定 / 165
  • イギリス / 165
  • ノルエー / 168
  • 2 開店及び閉店時刻の規定 / 170
  • 獨逸 / 170
  • オーストリア / 172
  • ポーランド / 174
  • 瑞典 / 175
  • 丁抹 / 176
  • 3 我國に於ける營業時間の制限 / 178
  • 二、 商店員勞働時間の制限 / 189
  • イギリス / 189
  • フランス / 190
  • オーストリア / 194
  • ポーランド / 197
  • 獨逸 / 199
  • 伊太利 / 202
  • ベルギー / 203
  • 北米合衆國 / 206
  • 三、 休憩時間の規定 / 208
  • イギリス / 209
  • 獨逸 / 209
  • オーストリア / 209
  • ポーランド / 210
  • 四、 休日に關する規定 / 210
  • 1 ヨーロッパ諸國に於ける休日に關する規定 / 211
  • イギリス / 211
  • フランス / 211
  • 獨逸 / 213
  • オーストリア / 214
  • ポーランド / 215
  • イタリー / 216
  • ベルギー / 218
  • 瑞典 / 220
  • 丁抹 / 220
  • 2 日本に於ける休日に關する規定 / 221
  • 五、 其他の規定 / 230
  • 1 女店員及び少年店員の勞働に關する規定 / 230
  • イギリス / 230
  • 北米合衆國 / 230
  • ベルギー / 231
  • オーストリア / 232
  • 丁抹 / 232
  • 日本 / 233
  • 2 監督規定及び罰則 / 233
  • 監督規定 / 233
  • 獨逸
  • 伊太利
  • ベルギー
  • 罰則 / 234
  • イギリス
  • 獨逸
  • 伊太利
  • ベルギー
  • ポーランド
  • スエーデン
  • 丁抹
  • 日本
  • 第八章 商店法の社會・經濟的影響 結論 / 237
  • 社會政策的觀點
  • 企業經營的立場
  • 國民經濟的見地
  • 當業者團體の贊成意見
  • 商店員の要望
  • 反對論批判
  • 結語
  • 主要文獻 / 261

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 商店法論
著作者等 井上 貞蔵
書名ヨミ ショウテンホウ ロン
出版元 巌松堂書店
刊行年月 1933
版表示 新訂
ページ数 266p
大きさ 23cm
NCID BN11216608
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48012673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想