油脂化学

桑田勉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 油脂及び蝋の意義と種類 / 1
  • 第一節 油脂及び蝋の意義 / 1
  • 第二節 油脂及び蝋の種類と分類 / 3
  • 第二章 油脂の採取及び精製 / 6
  • 第一節 油脂の採取法 / 6
  • 第二節 油脂の精製・脱色及び脱臭 / 17
  • 第三章 主な油脂及び蝋 / 25
  • 第一節 植物油脂 / 25
  • 第二節 動物油脂 / 35
  • 第三節 蝋 / 42
  • 第四章 油脂及び蝋の成分 / 48
  • 第一節 飽和脂肪酸 / 48
  • 第二節 不飽和脂肪酸 / 68
  • 第三節 環状脂肪酸・オキシ脂肪酸及び二鹽基性酸 / 89
  • 第四節 脂肪酸の結晶構造及び立體構造 / 96
  • 第五節 脂肪族アルコール類 / 103
  • 第六節 環状アルコール類 / 113
  • 第七節 炭化水素 / 129
  • 第五章 油脂及び蝋の組成 / 133
  • 第一節 グリセリドの種類及び一般性質 / 133
  • 第二節 グリセリドの合成法及び油脂より純グリセリドの分離法 / 139
  • 第三節 モノグリセリド / 149
  • 第四節 ヂグリセリド / 150
  • 第五節 トリグリセリド / 152
  • 第六節 蝋エステル / 157
  • 第七節 フォスファチド / 159
  • 第六章 油脂及び蝋の物理的性質 / 164
  • 第一節 融點及び凝固點 / 164
  • 第二節 比重・屈折率・粘度・電導度及び發熱量 / 169
  • 第三節 旋光性及び溶解性 / 175
  • 第七章 油脂の化學的性質 / 180
  • 第一節 油脂の酸敗 / 180
  • 第二節 加水分解 / 184
  • 第三節 エステル置換 / 196
  • 第四節 重合 / 199
  • 第五節 酸化と乾燥 / 204
  • 第六節 水素添加 / 216
  • 第七節 鑛酸の作用 / 222
  • 第八節 ハロゲン及び硫黄の作用 / 227
  • 第八章 油脂の化學的試驗法 / 234
  • 第一節 酸價 / 234
  • 第二節 鹸化價 / 236
  • 第三節 沃素價 / 238
  • 第四節 ロダン價 / 242
  • 第五節 六臭化物價 / 245
  • 第六節 ライヘルトマイスル價 / 246
  • 第七節 ボレンスケ價 / 248
  • 第八節 ヘーネル價 / 250
  • 第九節 アセチル價 / 251
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 油脂化学
著作者等 桑田 勉
書名ヨミ ユシ カガク
書名別名 Yushi kagaku
シリーズ名 岩波全書 ; 第72
出版元 岩波書店
刊行年月 1948
版表示 12版
ページ数 255p
大きさ 18×11cm
全国書誌番号
48013931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想