四ケ年計画下の独逸鉄鋼業

竹内謙二 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 編者序
  • 第一編 四ケ年計畫に於ける獨逸鐵鋼經濟 パウル・ラインレンダー
  • 第一章 四ケ年計畫に於ける獨逸鐵鋼生産の意義と發展 / 3
  • 第二章 四ケ年計畫開始前に於ける獨逸鐵鋼業の原料供給 / 8
  • 第三章 獨逸鐵鋼業に於ける供給状態變更の努力 / 18
  • 第四章 ヘルマン・ゲーリング製鐵會社の設立とその目標 / 23
  • 第五章 製鐵工場の立地問題と獨逸産鑛石の精錬法 / 33
  • 第六章 獨逸鐵鑛石の精錬費用 / 43
  • 第七章 新原料事情の鐵鋼經濟に及ぼす影響 / 54
  • 第二編 獨逸鐵鋼業の原料自足とその可能性 L・デクロワ A・ド・リヴァベルニ
  • 第一章 鐵鑛石 / 75
  • 第二章 舊資源の活用 / 80
  • (a) ルール地方の鐵鑛石 / 82
  • (b) ヂーゲルランドに於ける炭酸鐵鑛處理の改良 / 83
  • (c) 硫酸滓の利用 / 86
  • 第三章 新鑛床の利用 / 91
  • (a) フライブルグ・ブリスガウ(Freiburg in Brisgau) / 93
  • (b) ドッガー(Dogger)鑛床 / 95
  • 第四章 鐵鑛石以外の原料及び副産物の利用 / 125
  • (a) 過剩廢棄ガスの利用 / 125
  • (b) ザールコークスの改良及び熔鑛爐型式の改善 / 132
  • (c) チタンを含む鐵鑛石の直接還元 / 137
  • (d) 酸洗ひ溶液中よりの硫酸鐵囘收 / 141
  • (e) 國内資源よりのヴアナヂウムの採取 / 146
  • (f) マンガンの囘收 / 152
  • (g) フリユー・ダストの處理 / 154
  • (h) 製鐵工場に於ける清掃用棉毛屑の再生 / 159
  • 第五章 製鋼工場 / 164
  • (a) 既存製鋼爐の能率増進の可能性 / 164
  • (b) 鐵鑛石によるトーマス爐の冷却 / 169
  • (c) 特殊鋼に對する合金鐵の節約 / 172
  • (d) 高速度鋼製造の際に於ける合金用金屬節約の可能性 / 176
  • (e) 含燐鋼滓の問題‐その獨逸農業に對する重要性 / 179
  • 第三編 南バーデン地方ドッガー鑛の選鑛及精錬 アルフォンス・グラッフ
  • 第一章 施設の一般状況 / 189
  • 第二章 近代に於ける南バーデン地方鑛石採掘 / 191
  • 第三章 ドッカー鑛石の選鑛 / 197
  • 第四章 ドッカー鑛石の精錬 / 207

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 四ケ年計画下の独逸鉄鋼業
著作者等 Riva-Berni, A. de
秦 恒雄
竹内 謙二
Descroix, L
Graff, Alfons
三浦 喜代一
細谷 浩一
Rheinländer, Paul
書名ヨミ 4カネン ケイカクカ ノ ドイツ テッコウギョウ
書名別名 4kanen keikakuka no doitsu tekkogyo
出版元 改造社
刊行年月 1941
ページ数 216p
大きさ 19cm
NCID BN05505021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48013214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
南バーデン地方ドッガー鑛の選鑛及精錬 アルフォンス・グラッフ, 細谷浩一
四ケ年計畫に於ける獨逸鐵鋼經濟 パウル・ラインレンダー, 三浦喜代一
獨逸鐵鋼業の原料自足とその可能性 A・ド・リヴァベルニ, L・デクロワ, 秦 恒雄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想