自動制御の理論と実際  上巻

寒川武 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第1章 緒論
  • 1・1 制御の目的と現況 / 2
  • 1・2 制御の技術と理論の沿革 / 4
  • 第2章 構成と分類
  • 2・1 制御系の構成 / 7
  • 2・2 直接と關接 / 8
  • 2・3 入力加減型と出力加減型 / 9
  • 2・4 定位と無定位 / 9
  • 2・5 定値制御と追値制御 / 11
  • 2・6 饋還と非饋還 / 13
  • 2・7 その他の分類法 / 16
  • 第3章 構成各部の構造
  • 3・1 檢出部の構造 / 17
  • 3・2 管制部の種類と構造 / 18
  • 3・2・1 純機械式 / 19
  • 3・2・2 壓力流體式 / 19
  • 3・2・3 電氣式 / 33
  • 3・2・4 管制方式に對する所見 / 36
  • 3・3 操作部 / 37
  • 3・3・1 單動と複動 / 38
  • 3・3・2 直線運動を行うもの / 38
  • 3・3・3 有限囘轉式 / 40
  • 3・3・4 無限囘轉式 / 40
  • 3・4 復原機構 / 40
  • 3・4・1 剛性復原 / 40
  • 3・4・2 彈性復原 / 43
  • 3・4・3 折衷式復原 / 46
  • 3・5 調節部の構造 / 47
  • 3・5・1 蝶型調節弁 / 48
  • 3・5・2 昇降型(仕切型)ダンパ / 50
  • 3・5・3 球型加減弁 / 51
  • 3・6 必要となる附屬品 / 52
  • 3・6・1 切換裝置 / 52
  • 3・6・2 停電時に對する處置 / 53
  • 3・7 被制御系の構造 / 53
  • 第4章 一般制御理論
  • 4・1 制御方程式の誘導 / 55
  • 4・1・1 檢出の作用式 / 56
  • 4・1・2 管制操作の作用式 / 64
  • 4・1・3 被制御系の性質 / 71
  • 4・1・4 制御方程式 / 79
  • 4・2 安定度の考察 / 82
  • 4・2・1 階數の低い制御方程式 / 83
  • 4・2・2 Hurwitzの判定法 / 91
  • 4・2・3 Nyquistの判定法 / 97
  • 4・2・4 Kupfmullerの方法 / 100
  • 4・2・5 3判定法に對する所見 / 103
  • 4・2・6 亂調類似の現象と連成制御について / 104
  • 4・3 制御の誤差と速應性 / 106
  • 4・3・1 靜的誤差 / 106
  • 4・3・2 動的誤差と速應性 / 108
  • 4・3・3 單位函數的變化によるもの-過渡的動的誤差 / 110
  • 4・3・4 周期的變化による動的誤差-交番誤差 / 116
  • 4・4 制御方式に對する考察 / 121
  • 4・4・1 微分値の檢出加算について / 121
  • 4・4・2 擾亂ηの檢出加算について-需給平衡法 / 131
  • 4・4・3 影響要素の整理 / 136
  • 4・4・4 復原の効用 / 137
  • 4・5 不動時間〓tの影響 / 145
  • 4・5・1 不動時間の近似的取扱い / 146
  • 4・5・2 不動時間の嚴密な取扱い / 149
  • 4・6 不動帶の影響 / 158
  • 4・6・1 制御方程式 / 158
  • 4・6・2 等價振動系 / 160
  • 4・6・3 安定度 / 161
  • 4・6・4 靜的誤差 / 165
  • 4・6・5 動的誤差-單位函數的擾亂時に生ずる最大誤差 / 166
  • 4・6・6 動的誤差-持續振動的擾亂によるもの / 172
  • 4・6・7 不動帶に對する結論 / 173
  • 4・7 その他の障因の影響 / 173
  • 4・7・1 慣性の影響 / 174
  • 4・7・2 摩擦の影響 / 174
  • 4・7・3 遊動および撓みの影響 / 179
  • 4・8 繼電式制御裝置の作用 / 181
  • 4・8・1 定速式-不動帶のないもの / 181
  • 4・8・2 定速式-不動帶をもつもの / 185
  • 4・8・3 間歇式-定量操作 / 187
  • 4・8・4 間歇式-操作量可變 / 188
  • 4・8・5 オンオフ式と短周期斷續式 / 189
  • 4・8・6 その他の事項 / 194
  • 4・9 理論と實際 / 195
  • 4・9・1 理論と實際の相違 / 195
  • 4・9・2 實際の亂調現象 / 198
  • 4・9・3 非線型性の原因 / 199
  • [附記]管制部の敏度常數Kpについて / 200
  • 4・9・4 非線型制御系に對する計算 / 201
  • 4・9・5 實際上の處置と注意 / 206
  • 4・9・6 制御理論の効用 / 208

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 自動制御の理論と実際
著作者等 寒川 武
書名ヨミ ジドウ セイギョ ノ リロン ト ジッサイ
書名別名 Jido seigyo no riron to jissai
シリーズ名 機械工学講座 ; 5 1
巻冊次 上巻
出版元 日本機械学会
刊行年月 1948
ページ数 222p
大きさ 26cm
全国書誌番号
48008378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想