日本史学史

伊豆公夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 改訂版 序文 / 1
  • 序章 史學史の方法 -日本歴史學の發達概観- / 3
  • 一 前提-特に倒叙的方法について / 3
  • 二 叙述の輪廓 / 10
  • 三 古代社會の歴史學 / 14
  • 四 封建社會の歴史學 / 24
  • 五 明治維新以後の歴史學 / 31
  • 第一章 現代の歴史學 / 36
  • 一 對立する二つの史觀 / 36
  • 二 國史學派と社會經濟史學派 / 43
  • 三 資本主義上向期の史學 / 55
  • 追記 / 67
  • 第二章 「日本開化小史」に於ける有産者性と封建性の競合 / 75
  • 一 西洋史の研究 / 75
  • 二 東洋史の研究 / 82
  • 三 「國史」の領域に於て / 86
  • 四 田口卯吉の學説と社會的實踐 / 97
  • 五 「日本開化小史」 / 105
  • 六 田口卯吉の史觀と其の時代 / 123
  • 七 結論的覺え書 / 133
  • 第三章 白石・宣長の對立として見たる徳川期歴史學 / 141
  • 一 明治維新への動向 / 141
  • 二 漢・國・洋三學と中間人民諸層の關係 / 146
  • 三 三つのイデオロギーの鼎立と歴史學 / 159
  • 四 本居宣長の歴史觀 / 171
  • 五 「秘本玉くしげ」 / 184
  • 六 新井白石の生涯と政治的實踐 / 194
  • 七 「藩翰譜」その他 / 205
  • 八 「讀史余論」 / 220
  • 九 白石以前の歴史學 / 241
  • 第四章 「神皇正統記」に於ける史觀と封建主義 / 256
  • 一 室町・戰國時代の社會と歴史學の貧困 / 256
  • 二 「神皇正統記」の内容に就いて / 265
  • 三 神・儒・佛イデオロギーの融合 / 277
  • 四 封建主義に對する態度 / 285
  • 五 北畠親房-家系と生涯 / 294
  • 六 「神皇正統記」の史學史上における位置 / 301
  • 第五章 莊園所有者=貴族の歴史-「増鏡」「水鏡」「大鏡」 / 311
  • 一 「増鏡」 / 311
  • 二 「水鏡」と「大鏡」 / 335
  • 三 公家階級の歴史とその物質的基礎 / 357
  • 第六章 記紀及び古代史資料に就いて / 366
  • 一 「古事記」及び「日本書紀」の性質 / 366
  • 二 「魏志」及び「隋書」その他 / 388

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本史学史
著作者等 伊豆 公夫
赤木 健介
書名ヨミ ニホン シガクシ
出版元 月曜書房
刊行年月 1947
版表示 改訂版
ページ数 398p
大きさ 18cm
NCID BN08031954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48009135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想