山茶花の咲く頃

田部重治 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき / 1
  • 山茶花の咲く頃 / 1
  • 尾瀬より會津へ / 3
  • 自らを知れ / 8
  • 山村の人々 / 10
  • 一人旅・二人旅・三人の旅 / 14
  • 木曾の御岳 / 17
  • 春を待つ心 / 20
  • 民族と個性 / 22
  • 生活樣式の激變と日本藝術 / 23
  • 民謠 / 25
  • 日本精神 / 26
  • 乘鞍岳 / 27
  • 自分 / 29
  • 人間の精力 / 31
  • 朝の散歩 / 33
  • 青葉の王國 / 35
  • 「教養」といふ言葉 / 36
  • 釣をする心理 / 37
  • 關東の自然と關西の自然 / 38
  • 伊賀上野 / 40
  • 室生寺 / 42
  • 壺坂寺 / 44
  • 荒川の溪谷 / 46
  • 幽林の旅 / 51
  • ワーヅワースの一つの詩 / 53
  • 新緑 / 56
  • 武藏野の新緑 / 59
  • 郷里の自然と民謠 / 62
  • 悲劇的性格と喜劇的性格 / 65
  • ユーモア / 74
  • 目の作品と耳の作品 / 76
  • 日本的自然美と溪谷 / 80
  • 野菜畑 / 100
  • 初夏 / 106
  • 多磨墓地 / 109
  • 雨の音 / 112
  • ギリシア古代精神と萬葉精神 / 114
  • 「とても」の話 / 122
  • 「マビノーギオン」 / 126
  • 靜かなる流れ・湖水 / 130
  • 大和の國 / 133
  • 吉野山 / 136
  • 山に詩を求む / 138
  • 東北の旅 / 140
  • 紀州街道 / 142
  • 珍しい蟲 / 144
  • 土地の榮枯盛衰 / 146
  • 學問と保護 / 149
  • 書物の貸借 / 151
  • 同級會 / 154
  • 中部山岳への憧れ / 156
  • 純眞なる精神 / 159
  • 自分の態度 / 161
  • 郷里に歸る / 168
  • 高原の冬 / 173
  • 高原で迎へる新年 / 177
  • 中世歐洲の女性 / 181
  • 船 / 186
  • 家 / 188
  • 友を待つ / 190
  • 妻の死を想うて / 191
  • 五月の雨 / 193
  • 明星 / 195
  • 山部赤人の墓に詣でて / 196
  • 田園の散歩 / 199
  • ふるさとの想ひ出 / 201
  • 乙女の墓 / 203
  • 人生の旅 / 206
  • 畠 / 209
  • 行く春 / 211
  • 初夏 / 213
  • 山茶花 / 215

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 山茶花の咲く頃
著作者等 田部 重治
書名ヨミ サザンカ ノ サク コロ
書名別名 Sazanka no saku koro
出版元 鳳林書林
刊行年月 1948
ページ数 216p
大きさ 19cm
NCID BN11469512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48008366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想