革パッキン

渡辺武 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第1編 總説
  • 第1章 革パツキン / 1
  • 第1節 定義 / 1
  • 第2節 使用範圍 / 1
  • 第3節 利點と缺點 / 2
  • 第4節 種類 / 4
  • 第5節 パツキンの部分名稱と機能 / 9
  • 第6節 パツキンと關聯部の構造 / 11
  • 第2章 作動理論 / 12
  • 第1節 革パツキンの緊塞と漏洩 / 12
  • 第2節 自己緊塞と他力緊塞 / 12
  • 第3節 浸透抵抗 / 13
  • 第4節 層成の意義 / 16
  • 第3章 摩耗と耐久力 / 18
  • 第1節 V形層成パツキンの摩耗 / 18
  • 第2節 U形パツキンの摩耗 / 19
  • 第3節 パツキンの見掛けの耐久力と絶對耐久力 / 20
  • 第4節 摩耗と摩擦抵抗 / 21
  • 第4章 革パツキンの潤滑 / 23
  • 第1節 燒付きと潤滑 / 23
  • 第5章 V形層成パツキンとU形パツキンとの比較 / 27
  • 第1節 V形層成パツキンの長所及び短所 / 28
  • 第2節 U形パツキンの長所,短所 / 30
  • 第2編 革
  • 第1章 革 / 33
  • 第1節 革とは如何なるものであるか / 33
  • 第2節 生皮の顯微鏡的研究 / 36
  • 第3節 鞣法 / 41
  • 第4節 革の部分名稱 / 43
  • 第5節 革の性状 / 44
  • 第2章 パツキン用革の具備すべき性質 / 48
  • 第1節 物理的性質 / 48
  • 第2節 化學的性質 / 49
  • 第3節 經濟的條件 / 50
  • 第3章 パツキン用革の選定 / 51
  • 第1節 クローム鞣革と多脂牛革との比較 / 51
  • 第2節 革の含有酸の害惡とクローム鞣水革 / 51
  • 第4章 クローム鞣水革 / 55
  • 第1節 一般性状 / 55
  • 第2節 水革の加脂調質 / 56
  • 第3節 水革の購買規格 / 60
  • 第3編 漏洩
  • 第1章 漏洩一般 / 63
  • 第1節 漏洩の損失 / 63
  • 第2節 漏洩の種々相 / 66
  • 第2章 漏洩と緊塞 / 72
  • 第1節 漏洩の種類 / 72
  • 第2節 自己緊塞型パツキンの緊塞理論 / 73
  • 第3節 接面壓力の消長に關する綜合的考察 / 82
  • 第4節 他力緊塞型パツキンの緊塞理論 / 86
  • 第5節 接面緊塞に關する結論 / 88
  • 第6節 接面に沿ふ作動壓力の分布 / 88
  • 第3章 氣體の浸透 / 90
  • 第1節 氣體に對する革の浸透抵抗 / 90
  • 第2節 氣體の浸透に對する理論的考察 / 93
  • 第4章 液體の浸透 / 97
  • 第1節 實驗成果の考察 / 97
  • 第2節 V形層成パツキンの浸透抵抗 / 99
  • 第5章 V形層成パツキンとU形パツキンの漏洩 / 100
  • 第1節 漏洩實驗 / 100
  • 第2節 實驗成果の考察 / 104
  • 第4編 摩擦抵抗
  • 第1章 摩擦抵抗の諸因子 / 107
  • 第1節 概説 / 107
  • 第2節 内的諸因子 / 107
  • 第3節 外的諸因子 / 109
  • 第4節 全摩擦抵抗(R)と初期抵抗(R0) / 114
  • 第2章 摩擦抵抗實驗 / 116
  • 第1節 摩擦抵抗計測裝置の説明 / 116
  • 第2節 V形層成パツキンの内的諸因子と摩擦抵抗 / 118
  • 第3節 V形層成パツキンの摩擦抵抗實驗式並びに考察 / 122
  • 第4節 U形パツキンの摩擦抵抗 / 123
  • 第5編 製造
  • 第1章 概論 / 125
  • 第1節 革の選擇 / 125
  • 第2節 器具と機械 / 127
  • 第3節 油脂充填と壓搾 / 135
  • 第2章 各種パツキンの製造法 / 139
  • 第1節 V形層成パツキン製造法 / 139
  • 第2節 U形パツキン製造法 / 145
  • 第3節 U形パツキン製造過程に於ける革の伸縮 / 149
  • 第4節 蛇の目パツキン製造法 / 150
  • 第6編 計畫
  • 第1章 各種パツキンの使用區分 / 153
  • 第1節 使用區分を定むべき基礎條件 / 153
  • 第2節 使用區分 / 156
  • 第2章 計畫上の注意事項 / 157
  • 第1節 革の厚さ / 157
  • 第2節 V角θに就いて / 157
  • 第3節 パツキンの向け方 / 158
  • 第4節 數段裝備に關する考察 / 158
  • 第5節 パツキンの硬軟 / 160
  • 第6節 喞子貫通孔の手當 / 160
  • 第7節 抑金の任務 / 161
  • 第8節 燐青銅板發條の裝備に就いて / 162
  • 第9節 幅と高さ / 163
  • 第10節 V形層成パツキンの斷面形状 / 164
  • 第11節 螺子部の徑とパツキンの徑 / 165
  • 第3章 各種パツキンの計畫 / 167
  • 第1節 V形層成パツキンの諸元決定 / 167
  • 第2節 V形層成パツキンの附屬金物の計畫 / 168
  • 第3節 U形パツキンの諸元決定 / 169

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 革パッキン
著作者等 渡辺 武
渡辺 武 工学
書名ヨミ カワ パッキン
出版元 丸善
刊行年月 1948
ページ数 170p
大きさ 26cm
NCID BN10231355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48008363
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想