マグネシウム工業の回顧

置村忠雄 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 梗概 / 1
  • 製法の變遷 / 3
  • 1. 各社の製造法 / 3
  • 2. 製造法の變遷 / 21
  • 3. 製造工程圖 / 24
  • 製法に關する研究 / 26
  • 試驗並に研究 / 31
  • 1. 脱水關係 / 31
  • 信越化學工業株式會社の場合 / 31
  • 理研金屬株式會社の場合 / 33
  • 日本マグネシウム株式會社の場合 / 36
  • 三菱マグネシウム工業株式會社の場合 / 38
  • 徳山曹達株式會社の場合 / 40
  • 2. 鹽素化關係 / 40
  • 三菱化成工業株式會社の鹽化爐 / 40
  • 理研金屬株式會社の試驗鹽化爐 / 47
  • 帝國マグネシウム株式會社の航研式鹽化爐 / 51
  • 南滿鑛業株式會社の場合 / 56
  • 3. 苦汁鑛石併用法 / 57
  • 日本マグネシウム株式會社の場合 / 57
  • 理研金屬株式會社の場合 / 61
  • 東洋金屬株式會社の場合 / 62
  • 三菱マグネシウム工業株式會社の場合 / 64
  • 4. 三菱式鹽化爐關係 / 70
  • 關東電化工業株式會社の場合 / 74
  • 旭電化工業株式會社の場合 / 75
  • 帝國マグネシウム株式會社の場合 / 77
  • 朝日輕金屬株式會社の場合 / 77
  • 5. 電解關係 / 81
  • 6. 還元關係 / 85
  • 日本アルミニウム株式會社の場合 / 85
  • 滿洲輕金屬株式會社の場合 / 87
  • 南滿洲鐵道株式會社中央試驗所の場合 / 89
  • 徳山曹達株式會社の場合 / 90
  • 三井輕金屬株式會社の場合 / 91
  • 沖本希三氏の場合 / 91
  • 7. 研究關係 / 92
  • 8. 其の他 / 100
  • 技術の交流 / 101
  • 製造技術の指導 / 102
  • 1. 輕金屬マグネシウム技術委員會 / 102
  • 信越化學工業株式會社の場合 / 104
  • 理研金屬株式會社の場合 / 109
  • 日本マグネシウム株式會社の場合 / 115
  • 東洋金屬株式會社の場合 / 120
  • 朝鮮理研株式會社の場合 / 121
  • 三菱マグネシウム工業株式會社の場合 / 123
  • 朝鮮に於けるマグネシウムに關する對策協議 / 127
  • 關東電化工業株式會社の場合 / 127
  • 2. マグネシウム技術指導協議會 / 132
  • 帝國マグネシウム株式會社の場合 / 133
  • 理研金屬株式會社の場合 / 137
  • 日本マグネシウム金屬株式會社の場合 / 139
  • 朝鮮理研金屬株式會社の場合 / 145
  • 三菱マグネシウム工業株式會社の場合 / 146
  • 東洋金屬株式會社の場合 / 148
  • 滿洲マグネシウム株式會社の場合 / 150
  • 日本マグネシウム株式會社の場合 / 157
  • 信越化學工業株式會社の場合 / 160
  • 關東化工業株式會社の場合 / 164
  • 3. 軍需省マグネシウム工業技術委員會 / 165
  • 4. 其の他 / 177
  • 原料並に副材料 / 178
  • 1. 苦汁 / 178
  • (1) 理研金屬株式會社の場合 / 184
  • (2) 日本マグネシウム株式會社の場合 / 185
  • 2. マグネサイト及マグネシヤ / 196
  • 3. 工業鹽 / 202
  • 4. 鹽化加里及含鹽加里 / 205
  • 5. 炭質 / 206
  • 6. 原材料の所要量 / 207
  • 各社の生産設備 / 213
  • 1. 各社の設備の變遷 / 214
  • 2. 各社の生産規模 / 216
  • 3. 鋼材其の他の所要量 / 218
  • 4. 勞務委員 / 219
  • 生産 / 221
  • 1. 物動計畫と生産實績 / 222
  • 2. 各社の生産實績 / 224
  • A 旭電化工業株式會社尾久工場 / 224
  • B 關東電化工業株式會社澁川工場 / 224
  • C 信越化學工業株式會社直江津工場 / 225
  • D 大倉鑛業株式會社島田工場 / 225
  • E 東亞輕金屬株式會社酒田工場 / 225
  • F 帝國マグネシウム株式會社酒田工場 / 225
  • G 日本マグネシウム株式會社富山工場 / 226
  • H 理研金屬株式會社宇部工場 / 226
  • I 日窒マグネシウム株式會社興南工場 / 227
  • J 朝鮮輕金屬株式會社鎭南浦工場 / 227
  • K 三菱マグネシウム工業株式會社鎭南浦工場 / 227
  • L 朝鮮神鋼株式會社新義州工場 / 228
  • M 朝日輕金屬株式會社岐陽工場 / 228
  • N 三井油脂工業株式會社三陟工場 / 229
  • O 旭電化工業株式會社高雄工場 / 229
  • P 日本アルミニウム株式會社高雄工場 / 229
  • Q 三菱關東州マグネシウム工業株式會社石河工場 / 229
  • R 滿洲マグネシウム株式會社營口工場 / 229
  • 3. 生産計畫 / 235
  • I 生産力擴充計畫要綱 / 236
  • II 滿洲國及北支生産力擴充計畫 / 237
  • III 昭和14年度生産計畫 / 238
  • IV 昭和15年度生産計畫 / 239
  • V 昭和16年度生産計畫 / 241
  • VI 昭和17年度生産計畫 / 243
  • VII 昭和18年度生産計畫 / 251
  • VIII 昭和19年度生産計畫 / 256
  • IX 昭和20年度生産計畫 / 268
  • マグネシウムの品位 / 271
  • 價格 / 275
  • 配給 / 278
  • 終戰時に於ける各社の状況 / 282
  • 結論 / 288
  • 奧附
  • 1. マグネシウム製錬法について / 293
  • 2. 輕金屬統制會 / 303

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マグネシウム工業の回顧
著作者等 置村 忠雄
書名ヨミ マグネシウム コウギョウ ノ カイコ
出版元 軽金属統制会
刊行年月 1946
ページ数 305p
大きさ 26cm
NCID BN08039264
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48007959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想