医師国家試験学習指導新書 : 問題とその答  第3 藥理學 問題とその解答

学術書院編集部 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 1. 藥理作用の分類を記せ / 1
  • 2. 次の用語を説明せよ / 7
  • 1) LD50 / 7
  • 2) Youngの式 / 7
  • 3) 習慣作用 / 8
  • 4) 蓄積作用 / 9
  • 5) 協力作用と拮抗作用 / 10
  • 3. 藥物投與の方法をのべよ / 14
  • 4. 脂肪屬麻醉劑の經過を示せ / 18
  • 5. モルヒネ屬の藥理作用を説明せよ / 21
  • 6. 原形質毒主にChininについてのべよ / 25
  • 7. ヂキタリス屬についてのべよ / 28
  • 1) 有効成分 / 28
  • 2) 心臟に對する作用 / 28
  • 3) 蓄積作用 / 29
  • 4) ストとロファチンのちがい / 30
  • 8. 全身麻醉劑、催眠劑、鎭痛劑、解熱劑、止血劑、下劑、止瀉劑利尿劑、強心劑、子宮收縮劑、について記せ / 31
  • 1) 作用機轉の上より分類せよ / 31
  • 2) それらの臨床的應用 / 31
  • 9. 次の藥物の心臟、血管、腸管、瞳孔に對する作用をのべよ / 62
  • 1) Strychnin / 62
  • 2) Atropin / 62
  • 3) Morphin / 64
  • 4) Pilocarpin / 65
  • 5) Adrenalin / 66
  • 6) Acetylcholin / 68
  • 7) Cocain / 68
  • 8) Muscarin / 68
  • 9) Eserin / 69
  • 10) Nicotin / 69
  • 10. 驅虫劑の臨床的應用及使用上の注意について記せ / 70
  • 11. 驅梅劑の使用法を記せ / 75
  • 12. 水銀及水銀化合物の臨床的應用をのべよ / 83
  • 13. 重金屬中屬と其治療についてのべよ / 84
  • 14. 制酸劑をあげよ / 90
  • 15. 鎭吐劑について簡單に記せ / 92
  • 16. 殺菌、消毒、防毒劑についてのべよ / 92
  • 17. 重曹の臨床的應用を記せ / 113
  • 18. 次の各々の藥理作用を比較せよ / 114
  • 1) CaとMg / 114
  • 2) IとBr / 115
  • 3) CO2とO2 / 115
  • 19. 次の用語を説明せよ / 116
  • 1) 水利尿 / 116
  • 2) 鹽類作用 / 116
  • 3) 水中毒 / 117
  • 4) AcidosisとAlkalosis / 117
  • 5) 微量作用(Oligodynamische Wirkung) / 118

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 医師国家試験学習指導新書 : 問題とその答
著作者等 学術書院
学術書院編集部
書名ヨミ イシ コッカ シケン ガクシュウ シドウ シンショ : モンダイ ト ソノ コタエ
書名別名 Ishi kokka shiken gakushu shido shinsho
巻冊次 第3 藥理學 問題とその解答
出版元 学術書院
刊行年月 1949
ページ数 3冊
大きさ 18cm
NCID BA87095101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48005673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想