日本の数学

小倉金之助 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一日 和算のはじまり / 1
  • この話の目的 / 1
  • 戰國時代までの數學 / 2
  • 戰國から徳川時代へ / 10
  • 初期の數學書 / 13
  • 「塵刧記」以後 / 25
  • 天元術 / 28
  • 第二日 和算の發展 / 39
  • 和算飛躍の時代的背景 / 39
  • 筆算による代數の成立 / 42
  • 關孝和 / 49
  • 關孝和以後 圓理 / 55
  • 關流の形式的完成 / 60
  • 西洋數學の影響 / 66
  • 關孝和とニュートンの比較について / 71
  • 第三日 和算の成熟とその特色 / 77
  • 和算の近代化へ / 77
  • 主な指導者 / 79
  • 和算の最高頂 / 87
  • 和算の實用性 / 93
  • 和算と自然科學(和算と西洋數學との比較) / 97
  • 和算と天文暦術(和算と支那數學との比較) / 100
  • 和算家の理想 / 102
  • 第四日 和算の特色(つづき)と、洋算の輸入 / 107
  • 和算家の生活と趣味 / 107
  • 和算の論理、直觀と歸納 / 115
  • 和算家のギルド性 / 120
  • 西洋數學に對する和算家の態度 / 126
  • 開港の頃から明治時代へ / 132
  • 第五日 近代的數學の確立 / 143
  • 明治初年の數學界 / 143
  • 學制の影響 / 151
  • 和算の廢滅 / 153
  • 近代的數學へ / 159
  • 日露戰爭から今日まで / 165
  • 結び / 167

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の数学
著作者等 小倉 金之助
書名ヨミ ニホン ノ スウガク
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1948
版表示 6版
ページ数 170p
大きさ 18cm
ISBN 4004000165
NCID BN00959611
BN01936393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48008244
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想