やさしい資本論

越村信三郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき / 1
  • 増訂のことば / 3
  • 序説 マルクスの生涯
  • 一 少年および青年時代 / 3
  • 二 亡命時代 / 6
  • 三 窮乏時代 / 10
  • 四 晩年と資本論の出版 / 14
  • 五 死と死後 / 17
  • 本論 資本論の解説
  • 一 資本論にはなにが書かれているのか / 23
  • 二 商品とはなにか / 24
  • 三 交換價値の實體はなにか / 27
  • 四 人間の勞働について / 29
  • 五 マルクスの勞働價値説 / 32
  • 六 黄金の魔力 / 35
  • 七 貨幣の生ひ立ち / 37
  • 八 貨幣の役割 / 42
  • 九 貨幣はどうして資本に轉化するのか / 47
  • 一〇 剩餘價値はどこから生れるか / 50
  • 一一 勞働力の賣買について / 52
  • 一二 勞働過程とはなにか / 54
  • 一三 價値増殖過程とはなにか / 56
  • 一四 不變資本、可變資本とはなにか / 58
  • 一五 絶對的剩餘價値はどうして生産されるのか / 61
  • 一六 勞働時間をめぐる勞費の鬪爭 / 63
  • 一七 相對的剩餘價値はどうして生産されるのか / 66
  • 一八 協業とはなにか / 67
  • 一九 分業と工場制手工業 / 69
  • 二〇 機械と大工業の出現 / 71
  • 二一 勞賃はどうしてきめられるか / 75
  • 二二 時間拂賃銀と出來高拂賃銀 / 77
  • 二三 資本はどうして蓄積されるのか / 80
  • 二四 所有と占有の法則 / 83
  • 二五 消費と節欲とのファウスト的衝突 / 84
  • 二六 資本の蓄積と有機的構成の高度化 / 87
  • 二七 資本の集中と蓄積 / 88
  • 二八 産業豫備軍はどうしてつくられるか / 90
  • 二九 貧困の蓄積 / 93
  • 三〇 資本主義の扉はどうして開かれたか / 95
  • 三一 勞働者階級の系圖 / 96
  • 三二 資本家階級の系圖 / 98
  • 三三 資本主義社會の生成と發展と消滅 / 101
  • 三四 資本はどういふ形で循環するか / 103
  • 三五 資本の囘轉について / 108
  • 三六 社會的資本はどうして再生産されるか / 113
  • 三七 社會的資本の再生産はどうして擴張されるか / 118
  • 三八 利潤と利潤率 / 121
  • 三九 利潤率はなぜ平均化されるか / 123
  • 四〇 利潤率はなぜ低下する傾向をもつか / 126
  • 四一 商業利潤はどうして生れるか / 129
  • 四二 商業資本の歴史 / 133
  • 四三 利子はどうして生れるか / 137
  • 四四 利子附資本の歴史 / 139
  • 四五 地代はどうして發生するか / 144
  • 四六 未來社會の展望 / 151
  • 續論 剩餘價値學説史の輪郭
  • 一 創餘價値學説史にはなにが書かれているのか / 157
  • 二 重商主義とはなにか / 159
  • 三 近代經濟學の建設者ペティー / 162
  • 四 獨創的頭腦に横溢せる時期 / 164
  • 五 重農主義とはなにか / 167
  • 六 ケネーの天才的着想 / 172
  • 七 重農主義を前進させたひとびと / 174
  • 八 古典派經濟學とはなにか / 175
  • 九 スミス體系の批判 / 177
  • 一〇 生産的勞働の定義とそれをめぐる論爭 / 181
  • 一一 リカアドウの利潤學説 / 184
  • 一二 リカアドウの差益地代論 / 189
  • 一三 ロドベルトゥスの絶對地代論 / 192
  • 一四 地主の代辯者マルサス / 194
  • 一五 リカアドウ學派の解體 / 197
  • 一六 リカアドウ派社會主義者その他 / 203

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 やさしい資本論
著作者等 越村 信三郎
書名ヨミ ヤサシイ シホンロン
出版元 労働文化社
刊行年月 1948
版表示 改訂増補 3版
ページ数 205p
大きさ 19cm
NCID BN11490519
BN12453620
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48011309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想