現代の経済学

波多野鼎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき
  • 一 カール・メンガー 主觀主義經濟學の方法論 / 1~30
  • 一 略傳と著作
  • 二 歴史學派の發展
  • 三 歴史學派經濟學の根本特徴について
  • 四 メンガーの科學分類論
  • 五 理論經濟學の本質
  • 六 理論經濟學の方法
  • 七 經濟の三要素と嚴密經濟學
  • 八 メンガーの方法論に對する批評
  • 九 メンガー以後の方法論爭
  • 一〇 メンガーの嚴密經濟學と正統學派との關係
  • 一一 メンガーの經濟學の體系
  • 二 ボェーム・バヴェルク 主觀主義的諸理論 / 31~104
  • 一 略傳と著作
  • 二 主觀的價値論の歴史的發展
  • 三 主觀的價値と客觀的交換價値
  • 四 主觀的價値の本質
  • 五 價値の大いさ 限界效用の法則
  • 六 財の總價値
  • 七 欲望或は效用の可測性の問題
  • 八 任意可買財の價値 代替法則
  • 九 主觀的交換價値 最大限界效用の法則
  • 一〇 補完財の價値 歸屬理論
  • 一一 生産財の價値
  • 一二 費用法則
  • 一三 價格構成論
  • 一四 價格構成の四過程
  • 一五 價格決定の六要因
  • 一六 貨幣の主觀的價値
  • 一七 利子論
  • 一八 利子の三形態
  • 一九 利子概念の批評
  • 二〇 現在財の高評價
  • 二一 第一の根據
  • 二二 第二の根據
  • 二三 第三の根據
  • 二四 第三の根據の批評
  • 三 クラーク 限界生産力理論 / 105~160
  • 一 略傳と業績
  • 二 靜態經濟學と動態經濟學
  • 三 靜態經濟學と動態經濟學との區別について
  • 四 價値の理論
  • 五 效用或は價値の尺度
  • 六 個人的價値尺度
  • 七 價値の社會的尺度
  • 八 靜態價格或は自然價格
  • 九 勞働及び賃銀の本質
  • 一〇 勞働の特殊生産力と限界生産力
  • 一一 勞働の限界生産力の識別
  • 一二 資本と資本財
  • 一三 土地を資本財と見る理由
  • 一四 利子及び賃料
  • 一五 利子法則
  • 一六 賃料としての賃銀及び利子
  • 一七 クラークの利子法則に對する批評
  • 一八 地代と靜態價格
  • 一九 價格と利潤
  • 二〇 利潤摩擦説
  • 四 マーシャル 折衷的均衡經濟學 / 161~212
  • 一 その生涯と業績
  • 二 マーシャルの貢獻
  • 三 マーシャルの價格理論の折衷性
  • 四 均衡價格理論の構造
  • 五 需要價格論
  • 六 需要法則、需要の彈力性、消費者餘剩
  • 七 供給價格並びに生産費
  • 八 均衡價格の諸形態
  • 九 一時的均衡價格或は市場價格
  • 一〇 短期正常均衡價格 直接費と間接費
  • 一一 長期正常均衡價格 全部費用と利潤
  • 一二 準地代
  • 一三 生産財價格の理論 分配の理論
  • 一四 勞働の需要價格 限界生産力説
  • 一五 勞働の供給價格 養育・養成費と生産費
  • 一六 勞働の均衡價格
  • 一七 利子の概念
  • 一八 資本の需要價格 生産力説
  • 一九 資本の供給價格 待望説
  • 二〇 利潤の理論
  • 二一 平均利潤の否定 利潤の支配原因
  • 二二 貨幣理論上の貢獻
  • 五 シュムペーター 經濟靜學と經濟動學 / 213~268
  • 一 その業績
  • 二 純粹經濟學 函數概念
  • 三 相互倚存關係としての交換關係
  • 四 純粹經濟學の結構
  • 五 均衡状態と純粹經濟學
  • 六 靜學と動學
  • 七 純粹(靜態)價格理論
  • 八 歸屬の理論
  • 九 分配の理論
  • 一〇 賃銀理論
  • 一一 地代理論
  • 一二 利子否定論
  • 一三 利潤否定論
  • 一四 靜態經濟と經濟循環
  • 一五 經濟循環の理論 費用法則
  • 一六 經濟的發展
  • 一七 信用の意味
  • 一八 企業家
  • 一九 企業家利潤或は剩餘價値論
  • 二〇 利子理論
  • 二一 恐慌
  • 二二 躍進の展開 企業家
  • 二三 沈滯の本質
  • 二四 景氣變動における信用の役割
  • 六 カッセル 客觀主義經濟學 / 269~320
  • 一 その業績
  • 二 消費財の價格 價格と需要との相關關係
  • 三 價値論無用論
  • 四 生産手段の價格
  • 五 費用原理とその補則
  • 六 價格構成の機構論とその批評
  • 七 價格の能働的決定根據
  • 八 生産要素と利潤の問題
  • 九 生産要素としての資本支配
  • 一〇 價格としての利子
  • 一一 資本支配の需要
  • 一二 資本支配の供給
  • 一三 地代の本質
  • 一四 稀少性地代と等差地代
  • 一五 賃銀の理論
  • 一六 勞働の供給
  • 一七 貨幣數量説
  • 一八 金の分量と物價水準
  • 一九 利子政策と物價水準
  • 二〇 購買力平價説
  • 二一 景氣變動論
  • 二二 景氣變動と生産
  • 二三 景氣變動と勞働
  • 二四 景氣變動と固定資本
  • 二五 景氣變動と物價
  • 二六 景氣變動と所得及び資本形成
  • 二七 景氣變動と利子
  • 二八 景氣變動を決定する三つの力

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代の経済学
著作者等 波多野 鼎
書名ヨミ ゲンダイ ノ ケイザイガク
書名別名 Gendai no keizaigaku
シリーズ名 春秋選書
出版元 春秋社
刊行年月 1950
ページ数 320p
大きさ 19cm
NCID BN10884042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49004445
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想