マーシヤル経済学研究

鈴木諒一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文 / 1
  • 第一章 マーシャル均衡理論の前提 / 7
  • 序論 マーシャル經濟學の現代的意義 / 9
  • 第一節 均衡概念と動態理論 / 18
  • 第二節 均衡概念の歴史性 / 32
  • 第二章 消費と生産 / 55
  • 第一節 需要の構造 / 61
  • 第二節 需要の彈力性と消費者餘剩 / 73
  • 第三節 生産費の内容 / 100
  • 第三章 均衡價格理論の構造 / 115
  • 第一節 均衡理論と「時」の問題 / 129
  • 第二節 長期と短期 / 144
  • 第三節 均衡の安定性 / 158
  • 補論 均衡理論と利子論 / 173
  • 第四章 國民所得の分配 / 187
  • 第一節 所得の分配と賃銀水準 / 197
  • 第二節 利子率の決定 / 215
  • 第三節 利子と賃銀 / 227
  • 附録 所得分布論 / 249

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マーシヤル経済学研究
著作者等 鈴木 諒一
書名ヨミ マーシヤル ケイザイガク ケンキュウ
書名別名 Mashiyaru keizaigaku kenkyu
シリーズ名 経済思想家選書 ; 第2
出版元 夏目書店
刊行年月 1948
ページ数 260p
大きさ 18cm
全国書誌番号
48009640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想