担保物権法論  上巻

石田文次郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 總論 / 1
  • 第一節 現代生活に於ける擔保權の作用 / 1
  • 第二節 物的擔保權の史的發展 / 7
  • 第三節 擔保權の本質 / 15
  • 擔保權と物權との差異 / 19
  • 擔保權と債權との差異 / 21
  • 擔保權の本質 / 22
  • 價値權理論の發展 / 25
  • 第四節 擔保權の特殊性 / 26
  • 擔保權の目的物 / 26
  • 擔保權と金錢債權との結合 / 28
  • 目的物の換價 / 30
  • 第五節 擔保權の效力 / 31
  • 優先效 / 31
  • 追及效 / 34
  • 擔保權に基く請求權 / 34
  • 第六節 擔保權の種類 / 36
  • 第七節 擔保權の實行 / 39
  • 競賣の意義 / 40
  • 競賣の目的物 / 41
  • 競賣の機關 / 43
  • 競賣手續 / 43
  • 競賣手續に對する異議 / 48
  • 競賣手續の停止 / 49
  • 再競賣 / 50
  • 第八節 擔保權の一般原則 / 51
  • 第一款 物上代位の原則 / 51
  • 物上代位の觀念 / 51
  • 物上代位の適用 / 57
  • 價値變形物の範圍 / 61
  • 物上代位權保存の要件 / 70
  • 目的物崩壞の場合と物上代位 / 76
  • 第二款 附隨性の原則 / 78
  • 第三款 順位昇進の原則 / 88
  • 順位の發生 / 88
  • 順位決定の標準 / 89
  • 後順位擔保權の效力 / 91
  • 順位權 / 93
  • 順位昇進の原則 / 93
  • 第四款 不可分の原則 / 96
  • 第五款 特定の原則 / 100
  • 第六款 公示の原則 / 103
  • 第二章 抵當權 / 105
  • 第一節 抵當權の性質 / 105
  • 第二節 抵當權の設定 / 109
  • 抵當權設定者 / 111
  • 抵當權者 / 113
  • 第三節 總括抵當 / 116
  • 總括抵當の意義 / 116
  • 總括抵當の成立 / 117
  • 第四節 抵當權の目的物 / 119
  • 不動産 / 121
  • 物權及び準物權 / 126
  • 登記したる船舶 / 127
  • 農業用動産 / 127
  • 第五節 抵當權の目的物の範圍 / 131
  • 第一款 附加物と抵當權の範圍 / 131
  • 抵當權設定當時に於ける附加物と抵當權の範圍 / 133
  • 抵當權設定後に於ける附加物と抵當權の範圍 / 134
  • 第二款 從物と抵當權の範圍 / 139
  • 抵當權設定當時に存する從物と抵當權の範圍 / 139
  • 抵當權設定後に於ける從物と抵當權の範圍 / 141
  • 第三款 果實と抵當權の範圍 / 145
  • 第六節 抵當權により擔保せらるべき債權 / 148
  • 第七節 被擔保債權の範圍 / 152
  • 約定利息其他定期金債權に關する制限 / 155
  • 遲延利息に對する補足 / 160
  • 第八節 抵當權の順位 / 162
  • 抵當權者相互間の順位 / 162
  • 抵當權と他の權利との關係 / 163
  • 第九節 抵當權の效力 / 164
  • 第一款 總説 / 164
  • 抵當權者側に於ける效力 / 164
  • 設定者の側に於ける效力 / 167
  • 第二款 抵當物の滅失毀損と抵當權の效力 / 169
  • 物上保證人又は抵當物の第三取得者が故意又は過失に因り抵當物を滅失毀損せしめた場合 / 169
  • 債務者が故意又は過失により抵當物を滅失毀損せしめた場合 / 170
  • 附加物又は從物の分離と抵當物の毀損 / 173
  • 抵當權者が抵當物を滅失又は毀損せしめた場合 / 174
  • 第三者が抵當物を滅失又は毀損せしめた場合 / 175
  • 不可抗力に因り抵當物が滅失又は毀損した場合 / 175
  • 第三款 轉抵當 / 177
  • 轉抵當の性質 / 177
  • 轉抵當の要件 / 182
  • 轉抵當の效果 / 184
  • 第四款 抵當權と賃借權との關係 / 187
  • 民法第六〇二條に定めたる期間を超えない賃貸借であること / 189
  • 其賃貸借の登記あること / 193
  • 抵當權者に損害を及ぼさないこと / 196
  • 第五款 抵當權の讓渡 / 199
  • 被擔保債權と共にする抵當權の讓渡 / 199
  • 抵當權のみの讓渡 / 201
  • 第六款 抵當權の抛棄 / 204
  • 絶對的抛棄 / 204
  • 相對的抛棄 / 205
  • 第七款 順位權の讓渡 / 207
  • 第八款 順位權の抛棄 / 213
  • 絶對的抛棄 / 213
  • 相對的抛棄 / 213
  • 第十節 代價辨濟に依る抵當權の相對的消滅 / 214
  • 代價辨濟の意義 / 214
  • 代價辨濟の要件 / 218
  • 代價辨濟の效果 / 222
  • 第十一節 滌除 / 225
  • 第一款 緒言 / 225
  • 第二款 滌除權者 / 228
  • 第三款 滌除の期間 / 233
  • 第四款 滌除の手續 / 235
  • 滌除の申出 / 235
  • 滌除の成立 / 237
  • 第五款 増價競賣 / 239
  • 第十二節 抵當權の實行 / 246
  • 第一款 總説 / 246
  • 第二款 抵當權實行の通知 / 248
  • 第三款 抵當權の實行方法 / 253
  • 第四款 法定地上權 / 258
  • 立法理由 / 258
  • 民法第三八八條の法意 / 259
  • 成立要件 / 262
  • 土地及び其上に存する建物が同一の所有者に屬しない場合 / 271
  • 第五款 競賣の目的物に關する特則 / 275
  • 第六款 競賣代金の配當 / 279
  • 第七款 競落と第三取得者との關係 / 282
  • 第八款 總括抵當に於ける配當手續 / 284
  • 割付主義 / 285
  • 制限主義 / 286
  • 配分主義 / 286
  • 我民法の規定 / 288
  • 第十三節 抵當權の消滅 / 293
  • 第十四節 根抵當 / 301
  • 根抵當の本質 / 304
  • 根抵當權の發生 / 308
  • 根抵當權の效力 / 311
  • 根抵當權の變動 / 312
  • 債權の確定 / 315
  • 根抵當權の消滅 / 317
  • 第十五節 所有者抵當 / 318
  • 所有者抵當の意義 / 318
  • 所有者抵當權の成立 / 321
  • 所有者抵當權の效力 / 324
  • 所有者抵當權の理論の展開 / 329
  • 第十六節 證劵抵當 / 331
  • 抵當證劵の發行 / 333
  • 抵當證劵發行の效力 / 341
  • 抵當證劵に依る處分 / 342
  • 抵當證劵所持人の權利義務 / 343
  • 裏書人の權利義務 / 348
  • 抵當證劵の記載の變更 / 348
  • 結語 / 350

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 担保物権法論
著作者等 石田 文次郎
書名ヨミ タンポ ブッケンホウ ロン
書名別名 Tanpo bukkenho ron
巻冊次 上巻
出版元 有斐閣
刊行年月 1948
版表示 全訂 再版
ページ数 350p
大きさ 22cm
ISBN 464190040X
NCID BA88183995
BN07561500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48005231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想