プレスの理論と現場作業

荒井斉勇 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第1章 總説 / 1
  • 1. プレス作業及び其の特質 / 1
  • 2. 機械の種類 / 2
  • 3. 機械の機能及び其の特質 / 3
  • 3・1 人力による機械 / 3
  • 3・2 エキセン・プレス / 3
  • 3・3 クランク・プレス / 5
  • 3・4 トツグル・プレス / 6
  • 3・5 フリクション・プレス / 8
  • 3・6 水(油)壓プレス / 10
  • 4. 機械の能力(公稱能力) / 11
  • 4・1 クランク・プレスの加壓能力 / 12
  • 4・2 フリクション・プレスの能力 / 15
  • 第2章 打拔き作業 / 17
  • A 打拔きの理論 / 17
  • 5. 打拔きの定義 / 17
  • 6. 複刄による打拔きの過程及び打拔き切斷面 / 17
  • 7. 打拔きの應力 / 19
  • 8. 刄先の形状 / 20
  • 9. 打拔きに要する力 / 22
  • B 打拔きの型及び工具 / 25
  • 10 刄の材料及び硬度 / 25
  • 11 型の設計 / 26
  • 12 ストリッパー(滓取)・ノックアウト / 29
  • 13 順送り拔型 / 33
  • 14 總拔型 / 37
  • 15 ガイドピン及びサブ・プレス / 39
  • 16 特殊の打拔き / 41
  • 16・1 突切型 / 41
  • 16・2 絞り拔き型 / 42
  • 16・3 剃り型 / 43
  • 16・4 磨き型 / 44
  • 16・5 鋼球壓入仕上型 / 44
  • 17. 打拔きの位置定め / 47
  • C 打拔き作業 / 49
  • 18. 板取計畫 / 49
  • 19. 設計變更による材料の節約 / 50
  • 20. 倒置法 / 51
  • 21. 變位法 / 52
  • 22. 傾斜法及び混用法 / 53
  • 23. 帶板の幅 / 54
  • 24. 打拔能率の向上 / 56
  • 25. 自働送り裝置 / 57
  • 26. 型の取付及び心出し / 59
  • 27. 作業中に注意すべき點 / 60
  • 第3章 曲げ作業 / 62
  • 28. 曲げの定義 / 62
  • 29. 曲げの理論 / 62
  • 30. 曲げの最小半徑 / 71
  • 31. 曲げ加工を受けた部分の變形 / 74
  • 32. 對稱でない曲げ加工 / 76
  • 33. 多重曲げ / 80
  • 34. 複働曲げ / 84
  • 35. 曲げに要する力の概算 / 87
  • 36. 作業上注意を要する事項 / 95
  • 第4章 絞り作業 / 97
  • A 絞りの理論 / 97
  • 37. 絞り作業の定義 / 97
  • 38. 絞り加工の特質 / 98
  • 39. 皺防止の對策 / 100
  • 40. 絞りに要する力及び板金内の應力 / 102
  • 41. 皺の發生及び皺押え力 / 105
  • 42. 板厚と皺押え壓力 / 107
  • 43. 絞りの速度と絞り力 / 112
  • B 絞り型の設計及び製作 / 114
  • 44. 絞り素板の大さの決定 / 114
  • 44.1 絞りの三大形式 / 115
  • 44.2 圓筒形中空器の場合 / 115
  • 44.3 圓錐形容器及び球形容器の場合 / 119
  • 44.4 一般の囘轉中空容器の場合 / 120
  • 44.5 矩形容器の場合 / 122
  • 45. 絞り率と絞りの囘數 / 125
  • 45.1 絞り率 / 125
  • 45.2 第2囘目絞り以降の絞り率 / 129
  • 45.3 絞りの囘數 / 132
  • 45.4 深絞りの例 / 137
  • 45.5 板厚の減少を目的とする絞りの囘數 / 139
  • 45.6 圓錐形容器の絞り囘數 / 140
  • 45.7 不規則な斷面を持つ囘轉體容器の絞り囘數 / 141
  • 45.8 矩形容器の絞り囘數 / 145
  • 46. パンチとダイの隙間 / 145
  • 47. 絞り角の丸味 / 150
  • 48. パンチ頭部の形状 / 153
  • 49. 皺押え板 / 156
  • 50. 空氣孔 / 159
  • 51. 彈き出し裝置(ノックアウト) / 160
  • 52. 特殊な型 / 161
  • 53. 使用機械の決定 / 163
  • 54. 絞り型の製作 / 168
  • 54.1 絞り型の材料 / 168
  • 54.2 絞り型の製作 / 169
  • 55. へら絞り / 170
  • C 絞り作業の實施 / 173
  • 56. 素材板の性質及び種類 / 173
  • 57. 材料の試驗法 / 174
  • 58. 材料の準備(熱處理及び材取り) / 176
  • 59. 型の取付,心合せ及び皺押え板の調整 / 179
  • 60. 絞り作業中における注意 / 183

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 プレスの理論と現場作業
著作者等 荒井 斉勇
書名ヨミ プレス ノ リロン ト ゲンバ サギョウ
書名別名 Puresu no riron to genba sagyo
出版元 生産技術協会
刊行年月 1949
ページ数 188p
大きさ 22cm
NCID BA59584176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48001064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想