鷲峯余光

興国寺修史局 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 法燈國師法語・法語 / 1
  • 上篇 國師及國師以後
  • 第一章 師出世の時代 / 1
  • 人心新宗を懐ふ
  • 第二章 生れながらにして佛子 / 3
  • 少小にして塵累の操なし
  • 第三章 奈良から高野へ / 6
  • 行勇師に謁す
  • 願性上人と相織る
  • 第四章 勇師寂後の海内遍參 / 10
  • 道元
  • 榮朝
  • 生順
  • 思順
  • 辨圓諸師巡拜
  • 南詢の志を深うす
  • 第五章 宋域を踏んで苦修六年 / 13
  • 補陀落山
  • 徑山
  • 道場山
  • 四明山
  • 育王山
  • 天台山
  • 大梅山遍歴
  • 曩參覺儀の東道で護國佛眼禪師に値遇
  • 嗣怯
  • 普化宗
  • 虚無僧との交渉
  • 第六章 歸朝・高野から鷲峰へ / 26
  • 金鋼三昧院首座
  • 長老
  • 西方寺開山
  • 師資の誼慇懃
  • 第七章 開山後の行實(靈異連綴) / 32
  • 修法
  • 母堂に孝養
  • 修善尼寺
  • 坐禪石
  • 願性上人に永訣
  • 野上八幡託
  • 宣熊野妙法奧院開山
  • 龜山上皇・後宇多天皇に鐸謁
  • 寶塔建立
  • 報恩寺開山
  • 妙光寺開山
  • 再び嵯峨離宮に召さる
  • 第八章 報恩接心の晩年 / 44
  • 減後安骨の銅筒
  • 修善尼寺改築
  • 箕谷雨珠
  • 長谷寺開山
  • 倚榻木像彫核
  • 行勇師靈牌
  • 清淨寺開山
  • 思遠菴開創
  • 護國寺建立
  • 粉河寺大門供養導師
  • 誓度院傳領
  • 西方寺規法
  • 遷化
  • 第九章 遺誡法語・開山寺院・法弟 / 55
  • 不立文字の本領を如實に、遺偈だになし
  • 開山十餘筒寺
  • 嗣法多數
  • 第十章 國師寂後の鷲峰三百年 / 74
  • 法燈影暗く遺光纔に存す
  • 足利義昭來寓
  • 豊臣軍の兵燹に罹る
  • 第十一章 天叔中興後の鷲峯三百餘年 / 79
  • 中興後の歴世住職
  • 近世に於ける鷲峰復古運動
  • 開山忌法要
  • 改衣參内
  • 近世に於ける末刹の興廢
  • 普化宗の其の後
  • 昭和新撰 鷲峰年表 / 117
  • 下篇 鷲峯古文献
  • 第一 鷲峯開山法燈圓明國師行實年譜 / 1
  • 第二 元享釋書・延寳傳燈録・本朝高僧傳・和漢三才圖會・新著聞集抄録 / 27
  • 第三 金剛三昧院文書・誓度寺文書・興國寺文書 / 37
  • 第四 關南集 / 121

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鷲峯余光
著作者等 興国寺 (和歌山県由良町)
興国寺修史局
興國寺修史局
興国寺
書名ヨミ シュウホウ ヨコウ
書名別名 Shuho yoko
出版元 興国寺
刊行年月 昭13
ページ数 319p
大きさ 23cm
NCID BA39449371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46058039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想