民法全篇五十題

高等試験研究会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 〔一〕 意思能力と行爲能力との相違及び無能力制度との關係を述べよ(昭二一行) / 1
  • 〔二〕 意思表示の効力發生時期を説明すべし(昭一二五) / 3
  • 〔三〕 法律行爲の瑕疵を説明すべし(昭八外、昭一四外) / 6
  • 〔四〕 眞意に合致せざる意思表示の効力如何(昭一五五) / 10
  • 〔五〕 動機が法律行爲に及ぼす影響(昭一二行) / 10
  • 〔六〕 無効の法律行爲と取消し得べき法律行爲(昭一四行) / 13
  • 〔七〕 民法に所謂取消を説明すべし(昭一四司) / 16
  • 〔八〕 法律行爲の無効と善意の第三者保護について述べよ(昭一二司) / 19
  • 〔九〕 民法に於ける追認を説明すべし(大五司、大一〇外) / 19
  • 〔一〇〕 強迫による意思表示を説明すべし(昭九五) / 20
  • 〔一一〕 民法における動産不動産の取扱の差異を論評せよ(昭一四東大我妻) / 20
  • 〔一二〕 時効による土地所有權の取得はその土地の上に存する他の權利に如何なる影響を及ぼすや(昭八行) / 25
  • 〔一三〕 共有の性質及びその分割を説明すべし(大一二五、大一四外、大一五行、昭六五、昭七外) / 27
  • 〔一四〕 各種擔保物權の特質を説明すべし(大四判、昭一〇外) / 31
  • 〔一五〕 擔保物權の附從性を説明すべし(昭一三司) / 31
  • 〔一六〕 物的擔保と占有との關係を述べよ(昭一八東大我妻) / 32
  • 〔一七〕 質權と占有との關係を述べよ(昭一三東大我妻) / 36
  • 〔一八〕 質權と抵當權との差異を説明すべし(昭八外、昭一五外) / 36
  • 〔一九〕 抵當權と賃借權との關係を概説せよ(昭一一東大末弘) / 39
  • 〔二〇〕 同一不動産上の抵當權と各種の用益權との關係(昭一八司) / 39
  • 〔二一〕 抵當權と保證に於ける附從性を説明せよ(昭一七東大我妻) / 42
  • 〔二二〕 根抵當とは何ぞや(昭四司) / 44
  • 〔二三〕 留置權の本質竝びにその効力を説明すべし(昭四外、昭九外、昭一三外) / 45
  • 〔二四〕 債權擔保のためにする所有權讓渡(賣渡擔保)(昭一三行、昭一五司) / 49
  • 〔二五〕 同時履行の抗辯權と留置權(昭一〇東大穗積) / 53
  • 〔二六〕 連帶債務と保證債務との差異を説明すべし(昭一五外) / 53
  • 〔二七〕 數人の連帶債務相互の關係と數人の保證人相互の關係との差異を説明すべし(昭六外) / 56
  • 〔二八〕 主たる債務者の相續人が限定承認を爲した場合における保證人の地位(昭一二行) / 58
  • 〔二九〕 民法における辯濟者保護の規定を説明すべし(昭一五五) / 59
  • 〔三〇〕 債權者にあらざる者に對する辯濟によりて債權が消滅する場合を説明せよ(昭七行) / 61
  • 〔三一〕 相殺を許さざる債權を説明すべし(昭九司) / 62
  • 〔三二〕 各種の債權擔保の利害得失(昭一八行) / 65
  • 〔三三〕 物の買主の保護につき民法は如何なる制度を設けたるか(大一二行、大一五外、昭三行) / 69
  • 〔三四〕 不動産賃貸權と抵當權との關係を説明すべし(昭一〇司) / 73
  • 〔三五〕 不動産賃借權の保護(昭一七司) / 76
  • 〔三六〕 賃借權の物權化的傾向について述べよ(昭一一東大我妻) / 76
  • 〔三七〕 賃借權の對抗力(昭一七東北大勝本) / 79
  • 〔三八〕 物の借主は民法上如何に保護されているか(昭二一行) / 80
  • 〔三九〕 債務不履行と不法行爲の競合(昭三外、昭一五行) / 80
  • 〔四〇〕 請求權の競合に關し二個の例を擧げてその法律上の効力を説明すべし(大一四五) / 83
  • 〔四一〕 民法上の過失の本質及びその種類を説明せよ(大三辯) / 83
  • 〔四二〕 我民法は如何なる範圍において無過失損害賠償責任を認めたるか(大一一行) / 86
  • 〔四三〕 民法債權篇の規定の上で過失なくして責任を負ふ場合を列記して簡單に説明せよ(昭一一東大我妻) / 90
  • 〔四四〕 不法行爲における過失主義の根據と無過失損害賠償責任の理論(昭八京大末川) / 91
  • 〔四五〕 不法行爲と債務不履行との要件及び効果を比較せよ(昭五東大我妻) / 92
  • 〔四六〕 不法行爲と不當利得との差異の要點及び二者の關係を説明せよ(大一三東大末弘) / 96
  • 〔四七〕 債務不履行による損害賠償と不法行爲による損害賠償とを比較論述すべし / 101
  • 〔四八〕 不法行爲による損害賠償債權は他の一般債權に比し如何なる特殊性を有するか(昭五東大末弘) / 101
  • 〔四九〕 法律行爲に關する民法總則の規定は如何なる程度迄身分法上の諸法律行爲に適用せられるか(昭一〇東大末弘) / 102
  • 五〇〕 民法改正の要點について述べよ / 106

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 民法全篇五十題
著作者等 高等試験研究会
書名ヨミ ミンポウ ゼンペン 50ダイ
書名別名 Minpo zenpen 50dai
シリーズ名 高等試験研究叢書 ; 第2
出版元 興文社
刊行年月 1948
版表示 増訂
ページ数 152p
大きさ 19cm
NCID BA36039271
BN11992674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48010541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想