吉会鉄道関係地方調査報告書  第1輯 (一般経済)

南満洲鉄道株式会社庶務部調査課 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 緒言 / 1
  • 第二章 沿道概況 / 7
  • 第一節 吉林額穆間沿道概況 / 7
  • 第二節 額穆敦化間沿道概況 / 12
  • 第三節 敦化哈爾巴嶺間沿道概況 / 15
  • 第四節 哈爾巴嶺頂、老頭溝、局子街間沿道概況 / 17
  • 第五節 局子街海林間沿道概況 / 19
  • 第六節 寧古塔額穆間沿道概況 / 25
  • 第七節 額穆大蛟河間南道沿道概況 / 31
  • 第八節 威虎嶺大蛟河間沿道概況 / 34
  • 第九節 大蛟河吉林間沿道概況 / 35
  • 第三章 經過地帶に於ける各都邑の状況 / 38
  • 第一節 額穆及官地 / 38
  • 第二節 敦化 / 44
  • 第三節 甕聲磖子 / 49
  • 第四節 天賣山 / 52
  • 第五節 老頭溝附石炭坑 / 52
  • 第六節 銅佛寺及朝陽川 / 55
  • 第七節 龍井村 / 56
  • 第八節 大拉子街 / 77
  • 第九節 局子街 / 78
  • 第十節 百草溝 / 87
  • 第十一節 三岔口 / 94
  • 第十二節 小城子 / 97
  • 第十三節 東京城 / 98
  • 第十四節 寗古塔附富寗公司 / 101
  • 第十五節 海林 / 120
  • 第十六節 大蛟河 / 126
  • 第十七節 清津 / 130
  • 第十八節 會寧 / 143
  • 第十九節 上三峰鍾城及潼關鎭 / 152
  • 第二十節 嘎呀河、合流坪及灰莫洞 / 193
  • 第二十一節 穩城及訓戎 / 194
  • 第二十二節 琿春 / 215
  • 第二十三節 慶源 / 236
  • 第二十四節 下汝坪 / 257
  • 第二十五節 西水羅及土里 / 262
  • 第二十六節 雄基 / 264
  • 第二十七節 羅津 / 282
  • 第二十八節 楡津 / 291
  • 第四章 踏査地方に於ける交通熱 / 294
  • 第五章 東部滿州に於ける貿易の大勢と吉敦鐵道の影響 / 299
  • 第六章 東部滿洲地方に於ける有望事業 / 304
  • 第一節 敦化及額穆地方 / 304
  • 第二節 間島及琿春地方 / 306
  • 第三節 海林、寧古塔、東京城地方 / 308
  • 第七章 東部滿州に於ける鐵道敷設の促進策 / 312
  • 第八章 東部滿州に於ける治安と衛生状態 / 317
  • 第九章 間島及琿春地方に於ける鮮人状況 / 320
  • 第十章 間島に於ける鮮人の救濟策 / 333

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 吉会鉄道関係地方調査報告書
著作者等 南満州鉄道株式会社
南満洲鉄道株式会社庶務部調査課
書名ヨミ キチカイ テツドウ カンケイ チホウ チョウサ ホウコクショ
書名別名 Kichikai tetsudo kankei chiho chosa hokokusho
シリーズ名 調査報告書 ; 第31巻
巻冊次 第1輯 (一般経済)
出版元 南満州鉄道
刊行年月 昭和3
ページ数 334p 図版19枚
大きさ 26cm
全国書誌番号
47038698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 中華人民共和国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想