共産主義のABC  下

ブハーリン, プレオブラヂエンスキー 共著 ; マルキシズム研究所 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序論露西亞に於ける共産主義建設の諸條件 / 3
  • 第六章 ソビエット政權 / 16
  • 46、 プロレタリア獨裁の形態としてのソビエツト政權
  • 47、 プロレタリア民主主義とブルジョア民主主義
  • 48、 プロレタリア獨裁の階級的及び一時的性質
  • 49、 勞働階級權利實現の物質的可能性
  • 50、 宗教、人種の如何に關せざる勤勞者の平等
  • 51、 議會主義とソビェツト秩序
  • 52、 軍隊とソビェツト政權
  • 53、 プロレタリアートの指導的役割
  • 54、 官僚制度とソビェツト政權
  • 第七章 民族問題と共産主義 / 57
  • 55、 民族的壓迫
  • 56、 プロレタリアートの獨自性
  • 57、 民族的嫌惡の原因
  • 58、 民族の等權と自己決定の權利。聯邦
  • 59、 誰が民族の意志を代表するか
  • 60、 反セム主義とプロレタリアート。
  • 第八章 軍事問題に於ける××××者の綱領 / 76
  • 61 軍事問題に於ける我が舊綱領
  • 62 赤衛軍の必要とその階級構成
  • 63、 勤勞者の一般的軍事教育
  • 64、 笞になる規律か或は自覺的な規律か
  • 65、 政治委員と共産主義者の細胞
  • 66、 赤衞軍の構成
  • 67、 赤衞軍の指揮官
  • 68 指揮官は選擧か或は任命か
  • 69、 赤衞軍は一時な軍隊である
  • 第九章 プロレタリアの裁判 / 98
  • 70、 ブルジョア社會の裁判
  • 71、 勤勞者による裁判官の公選
  • 72、 單一なる國民裁判所
  • 73、 革命裁判所
  • 74、 プロレタリア裁判の刑罰
  • 75、 プロレタリア裁判の將來
  • 第十章 學校と××主義 / 109
  • 76、 ブルジョア社會の學校
  • 77、 ××主義の破壊的任務
  • 76、 學校は××主義的教育及教化の武器である
  • 79、 入學前の教育
  • 80、 單一勞働學校
  • 81、 専門教育
  • 82、 高等の學校
  • 83、 ソビェツト及び黨の學校
  • 84、 學校外の教育
  • 85、 新しき教育勞働者
  • 86、 勤勞者の爲の藝術及び科學の財寶
  • 87、 ××主義の國家的宣傳
  • 88、 ツアー專制時代の民衆教育とソビェツト政府の下に於けるそれ
  • 第十一章 宗教と××主義 / 137
  • 89、 何故宗教と共産主義とは兩立し得ないか
  • 90、 教育の國家よりの分離
  • 91、 學校の教會よりの分離
  • 92、 大衆の宗教的偏見との鬪爭
  • 第十二章 工業の組織 / 155
  • 93、 プルジョアジーの收奪と大産業のプロレタリア的國有
  • 94、 我等の目的は生産力の發達である
  • 95、 經濟生活の計劃的組織
  • 96、 他國との經濟的恊働の擴張
  • 97、 家内工業及び手工業の組織
  • 98、 生産の組織と勞働組合
  • 99、 勞働力の利用
  • 100、 僚友的勞働規律
  • 101、 ブルジョア的專門家の利用
  • 102、 生産と科學との融合
  • 第十三章 農村經濟の組織 / 209
  • 103、 革命前の露西亞に於ける土地問題
  • 104、 革命後の土地問題
  • 105、 何故未來は大規模の社會主義經濟に屬するか
  • 106、 ソビェツト經營
  • 107、 都市の土地經營
  • 108、 共同組合と相互組合
  • 109、 土地の共同耕作
  • 110、 農村協同組合
  • 111、 國家に依る荒蕪地の開墾。農業專門家の動員。農具貸付所。改良。移住。
  • 112、 農民經濟に對する援助
  • 113、 工業と農業との統一
  • 114、 農民に對する××黨の戰術
  • 第十四章 分配の組織 / 250
  • 115、 私人商業の廢止
  • 116、 消費共同體
  • 117、 過去の協同組合
  • 118、 現在の協同組合
  • 119、 其他の分配機關
  • 第十五章 銀行の組織と貨幣の流通 / 262
  • 120、 銀行の國有化と單一國民銀行。中央會計掛としての銀行
  • 121、 貨幣。貨幣制度の死滅
  • 第十六章 プロレタリア國家の財政 / 270
  • 122、 國家は寄生的機構である
  • 123、 プロレタリア國家は生産的機構である
  • 124、 プロレクリア國家の豫算
  • 第十七章 住宅問題に關する××主義者の綱領 / 279
  • 125、 資本主義社會に於ける住宅問題
  • 126、 プロレタリア國家に對する住宅問題
  • 第十八章 勞働保護と社會保證 / 286
  • 127、 勞働保護とは何ぞや?
  • 128、 勞働保護の主要領域
  • 129、 露西亞に於ては勞働保護の領域に於て何がなされたか
  • 130、 社會保證とは何ぞや?
  • 131、 社會保證の主要領域
  • 132、 社會保證の領域に於て何がなされたか
  • 133、 勞働階級改善のための他の方法
  • 134、 黨の今後の任務
  • 第十九章 國民健康の保護 / 314
  • 135、 國民健康の特別なる保護の必要
  • 136、 醫療旅設の國有化
  • 137、 醫療勞働者の勞働義務
  • 138、 國民健康の保護の領域に於ける緊急なる諸任務
  • 附録露西亞××黨の綱領 / 320

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 共産主義のABC
著作者等 Bukharin, N. I.
Bukharin, Nikolai Ivanovich
Preobrazhenskii, Evgenii Alekseevich
Preobrazhenskiĭ, E. A.
マルキシズム研究所
早川 二郎
プレオブラヂエンスキー
ブハーリン
書名ヨミ キョウサン シュギ ノ ABC
巻冊次
出版元 イスクラ閣
刊行年月 昭和4.2-4.5
ページ数 2冊
大きさ 19-20cm
NCID BN16072877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47036710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想