高校生の性と友人関係に関する教育臨床的研究

五十嵐哲也 著

高校生の性に友人関係はどのような影響を与えているか。また、性に関する援助に友人関係の機能は活用可能かについて、教育臨床の視点から検討した実証的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論的検討-思春期・青年期の性に関する先行研究の検討ならびに本研究の目的(思春期・青年期の性に関する先行研究の検討
  • 本研究の目的)
  • 第2部 実証的検討1-高校在学中の性と友人関係との関連性の実証的検討(友人関係の重要性の検討
  • 親しい友人関係との関連
  • 友人関係全般との関連
  • 親子関係と友人関係の関連性の違い
  • 性交経験後の友人関係の変化)
  • 第3部 実証的検討2-高校生が友人間で行なう性に関する援助の実証的検討(友人間の援助ニーズ、被援助経験、被援助満足感の構造とその関連(研究6)
  • 友人からの被援助場面における情緒的反応(研究7)
  • 教師に対する援助ニーズと友人に対する援助ニーズの違い)
  • 第4部 総合的考察:本研究の結論と今後の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高校生の性と友人関係に関する教育臨床的研究
著作者等 五十嵐 哲也
書名ヨミ コウコウセイ ノ セイ ト ユウジン カンケイ ニ カンスル キョウイク リンショウテキ ケンキュウ
出版元 風間書房
刊行年月 2009.9
ページ数 215p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7599-1757-4
NCID BA91604945
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21666558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想