性の心理  第13巻 性的釋放

ハヴェロック・エリス 著 ; 増田一朗 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 性的釋放
  • 第一章
  • 弛緩の心理的意義 / 3
  • 睪丸と卵巣 / 4
  • 精蟲細胞と胚種細胞 / 4
  • 胎兒の發逹 / 6
  • 外陰部 / 8
  • 外陰部の種々相 / 9
  • 陰部の神經分布 / 12
  • 陰莖 / 13
  • 陰莖の人種的相違 / 16
  • 陰莖行使の影響 / 18
  • 陰嚢と睪丸 / 19
  • 陰阜 / 20
  • 陰門 / 21
  • 大陰唇とその變化 / 23
  • 陰毛とその性質 / 27
  • 陰核とその機能 / 33
  • 色情帶としての肛門 / 41
  • 小陰唇とその機能 / 44
  • 膣 / 50
  • 處女膜 / 51
  • 未破瓜 / 53
  • 處女膜の生物的意義 / 55
  • 第二章
  • 弛緩の目的 / 59
  • 色情帶 / 61
  • 唇 / 61
  • 弛緩の脈管的特質 / 62
  • 勃起組織 / 62
  • 女子に於ける勃起 / 63
  • 女子に於ける粘液射出 / 64
  • 性的結合 性交の人間的方法 常態な性交の種類 / 67
  • 弛緩の筋肉運動的特性 / 72
  • 弛緩の一般現象 / 74
  • 循環および呼吸現象 / 76
  • 血壓 / 77
  • 心臟の擾搖 / 79
  • 腺の活動 / 80
  • 蒸溜液 / 81
  • 弛緩の筋肉運動的特性の本質 / 82
  • 膀胱その他に對する不隨意的筋肉影響 / 83
  • 色情的恍惚境 / 86
  • 性的弛緩の作用と膀胱緊張との類似 / 87
  • 男子に於ける弛緩の性的特殊運動 / 90
  • 女子に於ける弛緩の性的特殊運動 / 95
  • 婦人の生殖管道の自發的運動 / 97
  • この運動が姙娠に影響する機能 / 100
  • 精蟲の自動作用の効果 / 103
  • 精液の人爲注射 / 110
  • 弛緩に際しての顏面表情 / 111
  • 歡喜の表情 / 113
  • 屡々起る性交の重大影響 / 115
  • 第三章
  • 精液の組成 / 120
  • 攝護腺の作用 / 121
  • 精液の性質 / 122
  • 催淫劑 / 125
  • 酒精、亞片、その他 / 129
  • 制淫劑 / 135
  • 性交に於ける精液の刺戟的影響 / 136
  • 睪丸分泌液の内的効果 / 139
  • 卵巣分泌液の影響 / 144
  • 第四章
  • 弛緩に對する適合、色情的禀質ありや? / 145
  • 比較の有効なる基礎 / 147
  • 去勢者の特徴 / 148
  • 發情期の特徴 / 150
  • 弛緩状態の特徴 / 151
  • 短身 / 156
  • 第二次的性的特徴の發達 / 157
  • 深き聲 / 158
  • 輝やく眼 / 159
  • 分泌腺の活動 / 161
  • 反つた唇 / 162
  • 着色 / 164
  • 濃い毛 / 168
  • 此等の特徴の多くのものに存する瞹眛な意義 / 176
  • 姙娠の心的状態
  • 母性的情緒と性慾情緒との關係 / 2
  • 懷胎と處女性の消失。此の状態の特徴に關する前人の説 / 6
  • 身體に及ぼす顯著な姙娠の徴候 / 11
  • 着色 / 12
  • 血液と循環 / 13
  • 甲状腺 / 17
  • 神經系統に於ける變化 / 17
  • 姙娠の特徴としての嘔吐 / 19
  • 姙婦の嗜欲 / 22
  • 母的印象 / 37
  • その効果を肯定する實例と否定する實例 / 38
  • 未解決の問題 / 50
  • 我々の智識の不完全 / 54
  • 姙娠の意義 / 58

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 性の心理
著作者等 Ellis, Havelock
増田 一朗
ハヴェロック・エリス
書名ヨミ セイ ノ シンリ
巻冊次 第13巻 性的釋放
出版元 日月社
刊行年月 昭和2-4
ページ数 16冊
大きさ 20cm
全国書誌番号
47030318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想