欧洲文学発達史

フリーチエ 著 ; 外村史郎 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者序
  • 原著者序
  • 第一章 自然經濟時代(十世紀-十四世紀)
  • 封建的・神官的社會の詩歌 / 11
  • ダンテ / 22
  • 第二章 商業資本主義時代(十四世紀-十七世紀)
  • イタリー文學の前衞的役割 / 31
  • イタリーの小説 / 32
  • イタリーに於ける騎士的詩歌の復活 / 38
  • トルクワト・タツソー / 42
  • 古典的古代の復活 / 46
  • フランスの人文主義的インテリゲンチヤの文學的進出 / 49
  • イスパニヤに於ける封建的詩歌の衰微とブルジヨア文學の誕生 / 54
  • シエークスピヤ / 59
  • ピユーリタニズムの詩歌 / 66
  • 第三章 絶對主義時代の文學
  • フランスの古典主義 / 71
  • モリエール / 78
  • 第四章 向上的ブルジヨアジーの文學
  • 古典主義の衰微 / 85
  • センチメンタリズム / 91
  • イギリス文學の優位 / 98
  • 十八世紀文學の教訓的及び政論的性質 / 99
  • 十八世紀のブルジヨア戲曲 / 104
  • ブルジヨア小説 / 112
  • ブルジヨア古典主義 / 122
  • ゲーテの「フアウスト」 / 129
  • 第五章 ブルジヨア社會の文學
  • 古典主義から浪漫主義へ / 135
  • イギリスの浪漫主義 / 145
  • ドイツの浪漫主義 / 167
  • フランスの浪漫主義 / 180
  • 第六章 浪漫主義から寫實主義へ
  • イギリス文學に於ける寫實主義 / 214
  • フランスの寫實主義 / 230
  • ドイツの寫實主義 / 254
  • 第七章 十九世紀末のブルジヨア社會の文學
  • イギリスに於ける印象主義的唯美主義 / 266
  • フランスに於ける印象主義的唯美主義 / 276
  • オーストリヤ・ドイツに於ける印象主義的唯美主義 / 285
  • 象徴主義 / 292
  • 第八章 その他の主要なるヨーロツパ諸國に於けるブルジヨア文學
  • 十九世紀末のベルギー文學 / 300
  • 十九世紀末のスカンヂナヴイヤ文學 / 308
  • 十九世紀末のイタリー文學 / 317
  • 第九章 工業技術社會の文學
  • 文學に於ける資本主義發達の反映 / 323
  • 工業技術社會の詩的樣式 / 343
  • 社會主義作家 / 348
  • ××××作家 / 357

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 欧洲文学発達史
著作者等 Friche, Vladimir Maksimovich
外村 史郎
フリーチエ
書名ヨミ オウシュウ ブンガク ハッタツシ
シリーズ名 改造文庫 ; 第1部 第72篇
出版元 改造社
刊行年月 昭和12
ページ数 362p
大きさ 16cm
NCID BA47514923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47029674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想