使命実現国語教育の本義

田村信道 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 基礎篇
  • 第一章 國語教育の趨勢 / 1
  • 第一節 國語教育の概觀 / 1
  • 第二節 尋常小學國語教育の隆盛 / 11
  • 第三節 高等小學國語教育の不振 / 13
  • 第二章 高等小學教育の本義 / 18
  • 第一節 高等小學教育の傾向 / 18
  • 第二節 高等小學教育の使命 / 20
  • 一、 國民過半を教化する民衆教育
  • 二、 普通教育に於ける完成教育
  • 三、 實生活に連續する生活教育
  • 第三節 高等小學教育の方針 / 27
  • 一、 教育環境の特殊化
  • 二、 教育内容の實際化
  • 三、 人物修練の擴充化
  • 第三章 國語教育の本義 / 57
  • 第一節 高等小學國語教育の地位 / 57
  • 一、 教科の本質
  • 二、 高等小學校の教科
  • 三、 一般陶冶たる國語教育と職業的陶冶
  • 四、 教育の基礎としての國語教育
  • 第二節 國語教育の使命 / 63
  • 一、 國語の本性
  • 二、 國語の意義
  • 三、 國語と國民性
  • 四、 國語教育の使命
  • 五、 高等小學國語教育の特殊相
  • 第三節 國語教育の分科と其の綜合 / 74
  • 第二編 分科篇
  • 第一章 讀方教育の基調 / 79
  • 第一節 讀書の本質に就いて / 79
  • 第二節 直觀と發見の學習 / 91
  • 第三節 讀書と讀方の異同 / 92
  • 第四節 讀方教育の本質と發展 / 99
  • 一、 讀方教育の本質
  • 二、 讀方教育の發展
  • 第五節 高等小學の讀方教育 / 109
  • 第二章 讀方教育の使命 / 113
  • 一、 理想的使命觀
  • 二、 現實的使命觀
  • 三、 現實理想的使命觀
  • 四、 高等小學讀方教育の使命
  • 第三章 高等小學讀方教育の方針 / 120
  • 第四章 高等小學讀本各課の研究 / 128
  • 一、 高等小學讀本卷一
  • 二、 高等小學讀本卷二
  • 三、 高等小學讀本卷三
  • 四、 高等小學讀本卷四
  • 第五章 尋常小學國語讀本の概觀 / 144
  • 第六章 讀方教育の方法 / 145
  • 第一節 文章讀解の修練 / 145
  • 一、 讀書の本質に即して
  • 二、 内容偏重を排して
  • 三、 形式偏重を排して
  • 四、 正しき指導の態度
  • 五、 文章の本質的研究による指導
  • 六、 文章本位全體扱
  • 七、 綜合的漸明扱-大意把捉
  • 八、 解題の必要
  • 九、 讀解程度の吟味
  • 第二節 語句の解釋修練 / 190
  • 一、 讀方教育に於ける言語文字教育の地位
  • 二、 語句解釋の本義
  • 三、 語句解釋の方法
  • 第三節 文字の實際修練 / 210
  • 一、 讀む本位の文字教育
  • 二、 書く本位の文字教育の機會
  • 三、 書く本位の文字教育
  • 四、 文字の適用を主とした修練
  • 第四節 語法文法の修練 / 221
  • 第五節 個人差の教育 / 224
  • 第七章 讀方の成績考査 / 234
  • 第一節 讀方考査の要諦 / 234
  • 二、 讀方考査の價値
  • 二、 考査問題についての注意
  • 三、 考査問題の要件
  • 第二節 讀方考査問題の内容 / 239
  • 一、 文章讀解方面
  • 二、 語句解釋方面
  • 三、 文字力の方面
  • 四、 語法文法に關するもの
  • 五、 綜合的問題
  • 六、 讀む速度と了解との關係の問題
  • 七、 客觀的標準問題の配點
  • 八、 實際考査問題の一例
  • 九、 讀方成績に於ける傾向
  • 第八章 書方教育 / 258
  • 第一節 書方教育の使命 / 258
  • 一、 書方の本質
  • 二、 書方教育の使命
  • 第二節 書方の教材 / 265
  • 一、 毛筆か硬筆か
  • 二、 細字か大字か
  • 三、 書方教材の選擇-手本
  • 四、 實生活の部面より導入する教材
  • 第三節 書方の教育方法 / 271
  • 一、 綴方と連絡して
  • 二、 書方實際教育上の問題
  • 第九章 綴方教育 / 275
  • 第一節 綴方教育の基調 / 275
  • 一、 綴方教育の現状
  • 二、 綴方教育と世評
  • 三、 綴方の本質
  • 四、 綴文の心意過程と其の本幹
  • 五、 綴方の作業過程
  • 六、 教科の綴方と一般の綴方
  • 七、 新思潮への警告
  • 第二節 綴方教育の使命 / 318
  • 一、 綴方教育の使命
  • 二、 高等小學兒童の傾向
  • 三、 高等小學綴方教育の方針
  • 第三節 綴方の材題 / 336
  • 第四節 綴方教育の方法 / 340
  • 一、 目的確立の修練
  • 二、 着想確立の修練
  • 三、 構想確立の修練
  • 四、 記述の修練
  • 五、 推敲の修練
  • 六、 文話
  • 第十章 聽方話方の教育 / 360
  • 第一節 聽方話方教育の使命 / 360
  • 一、 言語の教育
  • 二、 言語の本性
  • 三、 言語の機能
  • 四、 高等小學聽方話方教育の使命
  • 第二節 聽方話方教育の實際 / 375
  • 一、 聽方話方教育の機會
  • 二、 聽方教育の實際
  • 三、 話方教育の實際

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 使命実現国語教育の本義
著作者等 田村 信道
書名ヨミ シメイ ジツゲン コクゴ キョウイク ノ ホンギ
出版元 盛文館
刊行年月 昭7
版表示 12版
ページ数 384p
大きさ 20cm
全国書誌番号
46055968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想