鬼の思想 : 鬼哭と狂気

綱澤満昭 著

狡知にしてやられた"酒呑童子"の哭声も、隠悪な支配に飼いならされた人間どもには聞こえまい!歴史に織り込まれた"鬼"という経験を読み直し、その意味を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-深い闇での宴
  • 1 鬼は誰のものか
  • 2 童子と鬼
  • 3 鬼伝説と鉄生産
  • 4 源頼光と酒呑童子
  • 5 坂田金時-その伝説の意味するもの
  • 6 宮沢賢治と東北縄文・鬼
  • 7 農本思想・柳田国男・鬼-故郷喪失者の寂寥感
  • エピローグ-新たな鬼の誕生への期待

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鬼の思想 : 鬼哭と狂気
著作者等 綱沢 満昭
書名ヨミ オニ ノ シソウ : キコク ト キョウキ
出版元 風媒社
刊行年月 2009.9
ページ数 186p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8331-0545-3
NCID BA91609745
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21663411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想