ライアン・ラーキンやせっぽちのバラード

クリス・ロビンソン 著 ; 土居伸彰 訳

噂は本当だった。伝説のアニメーション作家ライアン・ラーキンは、モントリオールの路上で物乞いをしながら暮らしていた。彼を「発見」した著者は、ライアンにある提案をもちかける-。六〇年代の栄光と挫折、救い主探し、人間のつながりの意味を見いだすこと、そしてアニメーション。二人の男の人生が交錯するゴンゾー・ジャーナリズム的ラーキン伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • あんたが部屋に入ると
  • 神は知っている
  • 俺のなかのその男
  • 準備はいいかい?
  • ダウン・ザ・ハイウェイ
  • セイヴド
  • 夏の日
  • ズタズタになって、汚れて
  • 道化師が盗人に言うには(1)-ライアン・ラーキン1943〜1962
  • もう戻れない〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ライアン・ラーキンやせっぽちのバラード
著作者等 Robinson, Chris
土居 伸彰
ロビンソン クリス
書名ヨミ ライアン ラーキン ヤセッポチ ノ バラード
出版元 太郎次郎社エディタス
刊行年月 2009.10
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8118-0732-4
NCID BB0036577X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21661137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想