日本の民家

今和次郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 改版の序
  • 舊版の序
  • 初篇 日本の民家
  • 一 田舍の人逹の家
  • 一 都會の家との逹ひ / 3
  • 二 水田の村の人逹の家 / 15
  • 三 畠の村の人逹の家 / 20
  • 四 山村の人逹の家 / 24
  • 五 漁村の人逹の家 / 30
  • 二 構造に就いて
  • 一 開墾地移住者の家 / 38
  • 二 土地との關係 / 44
  • 三 我國民家の系統 / 49
  • 四 屋根 / 56
  • 五 一般構造 / 70
  • 三 間取に就いて
  • 一 民家の間取の歴史 / 78
  • 二 農家の間取 / 87
  • 三 地割と家との關係(附、町家) / 101
  • 四 郊外町の生成 / 117
  • 五 處女郊外地への同情 / 122
  • 中篇 繪と説明
  • 一 津輕の農家 / 135
  • 二 南部の曲家 / 138
  • 三 羽後の海岸の町家 / 140
  • 四 那須野原の貧しき農家 / 142
  • 五 日光戰場ヶ原の住家 / 146
  • 六 利根上流の村の家 / 151
  • 七 茨城の煙草を作る家 / 154
  • 八 九十九里濱の漁家 / 156
  • 九 南總の家 / 158
  • 一〇 伊豆大島の住家 / 161
  • 一一 八丈島のおくらと家 / 166
  • 一二 伊豆海岸の家 / 172
  • 一三 武藏平野の家 / 173
  • 一四 東京近郊の村の屋敷 / 176
  • 一五 秩父の山奧の家 / 179
  • 一六 相模の山間の家 / 183
  • 一七 甲州の家 / 186
  • 一八 長野市の町家 / 190
  • 一九 日本アルプス山麓の家 / 192
  • 二〇 信濃澁温泉の家 / 195
  • 二一 越後の雪に埋れる家 / 196
  • 二二 高田市の町家 / 198
  • 二三 高田市の舊家中の家 / 201
  • 二四 越後の漁家 / 204
  • 二五 遠州御前崎の砂丘の村の家 / 206
  • 二六 三河渥美灣の鹽燒小屋 / 211
  • 二七 越中の町家 / 215
  • 二八 若狹小濱町の家 / 217
  • 二九 鈴鹿峠の關町の家 / 219
  • 三〇 志摩の農家 / 222
  • 三一 京都八瀬の農家 / 224
  • 三二 奈良法連の家 / 226
  • 三三 奈良法華寺村の家 / 230
  • 三四 生駒山麓の家 / 233
  • 三五 紀州熊野の農家 / 235
  • 三六 堺市の住家 / 238
  • 三七 丹波綾部の家 / 245
  • 三八 出雲の農家 / 248
  • 三九 石見の農家 / 250
  • 四〇 備後山間の灰小屋 / 252
  • 四一 安藝の農家 / 254
  • 四二 南阿波の漁家 / 257
  • 四三 土佐の漁家 / 259
  • 四四 土佐の農家 / 261
  • 四五 伊豫の農家 / 264
  • 四六 筑後の農家 / 266
  • 四七 有明海岸の農家 / 268
  • 四八 薩摩揖宿の農家 / 271
  • 終篇 山村の調査
  • 一 相國津久井郡内郷村
  • 一 部落の樣式 / 279
  • 二 屋敷及家屋 / 286
  • 三 實例 / 293
  • 四 用水水車及其の他の共有建物 / 299
  • 五 墓地 / 302
  • 二 武藏國秩父郡浦山村
  • 一 浦川村概察 / 305
  • 二 部落「冠岩」 / 311
  • 三 各戸の耕地所有状況及種せる作物 / 315
  • 四 生活用器具 / 321

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の民家
著作者等 今 和次郎
書名ヨミ ニホン ノ ミンカ
書名別名 Nihon no minka
出版元 岡書院
刊行年月 昭和2
版表示
ページ数 334p
大きさ 19cm
全国書誌番号
47014951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想