新潟医科大学研究報告  第4巻第2号

新潟医科大学 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 赤血球沈降反應ノ本態ニ就テ 岡村三郎 / 207
  • 脾臟機能ニ及ボス性「ホルモン」ノ影響(第三報) 川田達彌 / 253
  • 雨水ニ就テ 三國龍門 / 263
  • 實驗的澱粉樣變性ノ退化ニ就テ 渡部義夫 / 269
  • 結核結節内ニ於ケル血管ニ就テ 佐藤愼治 / 293
  • 呼吸描畫測定用吸入瓦斯混合裝置ニ就テ 小岩井宗忠 / 311
  • 先天性十二指腸閉塞(完全離斷)症ノ一例 伊藤辰治 / 319
  • 血清内「カルシウム」及ビ「カリウム」含有量ニ關スル知見補遺 第一編 de Waard氏微量血清Ca定量法ニ關スル操作上ノ注意事項 石濱文卿 / 331
  • 血清内「カルシウム」及ビ「カリウム」含有量ニ關スル知見補遺 第二編 新潟ニ於ケル正常家兎血清Ca及ビK含有量ノ季節的變動 石濱文卿 / 337
  • 生体内重屈折性脂肪ノ光學的性状ト温度トノ關係ニ就テノ知見補遺 井田瑞春 / 344
  • 卵「リポイド」ノ抗原性ニ就テ 其二 鵞鳥、鳩及ビ七面鳥卵黄「リポイド」ノ抗原性 伊藤泰一 / 355
  • 血液型ノ遺傳型式 宮路重嗣 / 386
  • 銀杏中毒ノ三例 倉島正平 / 396
  • 性「ホルモン」ノ脾臟機能ニ及ボス影響(第四報) 川田達彌 / 404
  • 「ヂギトニン」ノ消化管内「ヂギトキシン」吸收ニ及ボス影響ニ就テ 酒井寛 / 421
  • 家屋内外ノ温度ニ就テ 及川周 三國龍門 / 425
  • 尿ノ血壓ニ及ボス影響ニ就テ 高山市松 樺澤巖 / 433
  • 最近我教室ニ於ケル化膿性腦膜炎ノ治療法(内耳摘出 腦橋槽開放 腰椎管開放) 鳥居惠二 / 458

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新潟医科大学研究報告
著作者等 新潟医科大学
書名ヨミ ニイガタ イカ ダイガク ケンキュウ ホウコク
巻冊次 第4巻第2号
出版元 新潟医科大学
刊行年月 昭和3-10
ページ数 20冊
大きさ 27cm
全国書誌番号
47012830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想