[横浜正金銀行]調査報告  第123号

横浜正金銀行調査課 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • (一) 清算協定の種類 / 1
  • (イ) 清算協定 / 1
  • (ロ) 支拂協定 / 2
  • (ハ) 清算支拂協定 / 2
  • (ニ) 求償協定 / 3
  • a. 私的清算 / 3
  • b. 相互取引 / 3
  • (ホ) 多角清算 / 3
  • (ヘ) 清算協定當事者に依る區別 / 4
  • (ト) 清算協定國及協定數 / 4
  • (二) 清算協定の沿革 / 5
  • (イ) 一九三一年の恐慌と清算協定 / 5
  • (ロ) トランスフア・モラトリアムと強制清算 / 6
  • (ハ) 獨逸貿易惡化と金準備減少 / 7
  • (ニ) 輸出超過を目指した求償取引 / 8
  • a. アスキ / 9
  • b. 原料信用取引 / 9
  • (ホ) 求償取引は入超國、清算協定は出超國と行はる / 10
  • (ヘ) 清算協定は消極的 / 10
  • (ト) 清算協定及求償取引の缺點 / 11
  • 第一、 輸出代金の入金遲延 / 11
  • 第二、 殘高問題 / 11
  • 第三、 安賣高買 / 11
  • 第四、 官僚的 / 11
  • 第五、 爲替にならぬ / 12
  • (三) 清算協定の現状 / 13
  • (イ) フンク經濟相の演説と金及通貨問題 / 13
  • (ロ) 多角清算の發足 / 15
  • (ハ) 多角清算の條件 / 16
  • (ニ) 多角清算の參加國 / 17
  • (ホ) 清算協定の機構及内容 / 20
  • 第一、 清算機關 / 21
  • 第二、 清算範圍 / 21
  • a. 清算目的物の範圍 / 21
  • b. 金額範圍 / 22
  • c. 地域範圍 / 22
  • 第三、 清算勘定 / 22
  • 第四、 支拂方法 / 23
  • a. 獨・瑞典間の例 / 23
  • b. 獨・土間の例 / 24
  • c. 獨・佛間の例 / 24
  • 第五、 清算相場 / 25
  • 第六、 爲替損失負擔 / 25
  • 第七、 利息損失負擔 / 25
  • 第八、 私的清算禁止 / 25
  • 第九、 郵便・手形・小切手送金禁止 / 26
  • 第十、 清算協定の期限 / 26
  • 第十一、 多角清算の方法 / 26
  • (ヘ) 清算馬克の爲替相場 / 27
  • a. 清算馬克と自由馬克の意義 / 27
  • b. 清算馬克相場と自由馬克相場の開 / 28
  • c. 清算馬克と自由馬克のdisparity調整 / 29
  • d. 相互清算相場と多角清算に於ける第三國間の清算相場 / 35
  • (四) 清算協定の將來 / 37
  • (イ) 多角清算は實力を背景とす / 37
  • (ロ) 歐洲ブロツク對米洲ブロツクの多角清算 / 37
  • (ハ) 歐洲ブロツク對東亞共榮圈の多角清算 / 38
  • (ニ) 東亞共榮圈内の多角清算 / 38
  • (ホ) 多角清算、相互清算及金問題の將來 / 39
  • 第一、 多角清算の將來 / 39
  • 第二、 相互清算の將來 / 40
  • 第三、 金問題の將來 / 40

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 [横浜正金銀行]調査報告
著作者等 横浜正金銀行
横浜正金銀行調査課
書名ヨミ ヨコハマ ショウキン ギンコウ チョウサ ホウコク
書名別名 Yokohama shokin ginko chosa hokoku
巻冊次 第123号
出版元 横浜正金銀行調査課
刊行年月 昭和15
ページ数 27冊
大きさ 22cm
全国書誌番号
46043520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想