未決拘禁改革の課題と展望

福井厚 編

[目次]

  • 序章 未決拘禁法の基本問題(未決拘禁の目的
  • 未決拘禁の要件
  • 未決拘禁の効果
  • 今後へ向けて)
  • 第1章 身体不拘束の原則(「身体不拘束の原則」の意義
  • 未決拘禁の代替処分
  • 保釈決定手続の改革と保釈促進のための社会的援助
  • 起訴前勾留と起訴後の勾留)
  • 第2章 捜査と未決拘禁(代用刑事施設問題の現在-2008年規約委員会勧告から
  • 警察拘禁の極小化と被疑者取調べの在り方
  • 警察拘禁の実際的意義)
  • 第3章 未決被拘禁者の権利保障(原則-「比例原則」を中心として
  • 弁護人等以外の者との外部交通
  • 弁護人等との外部交通と施設担当者の義務
  • 未決拘禁における社会的援助)
  • 第4章 救済その他(不服申立て
  • 留置施設視察委員会について)
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未決拘禁改革の課題と展望
著作者等 福井 厚
書名ヨミ ミケツ コウキン カイカク ノ カダイ ト テンボウ
シリーズ名 龍谷大学矯正・保護研究センター叢書 第9巻
出版元 日本評論社
刊行年月 2009.9
ページ数 358p
大きさ 22cm
付随資料 CD-ROM1枚 12cm.
ISBN 978-4-535-51707-3
NCID BA9131235X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21658133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想