日本民俗学原論 : 人文学のためのレッスン

真野俊和 著

民俗学とは何か。研究の根拠となる「原論」を打ち立てる刺激的な試み。研究手法、研究概念の定義、民俗誌叙述の方法、桜井徳太郎・宮田登・福田アジオの思考法…。民俗学の全体像を捉えなおし、今後の可能性を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 人文学の基本システム
  • 第2講 フィールドの発見
  • 第3講 民俗学のデザイン
  • 第4講 ホモ・フォークロリカスのゆくえ
  • 第5講 「定義する」ことは可能か
  • 第6講 民俗誌叙述の方法
  • 第7講 民俗学の思考法-歴史民俗学の場合
  • 第8講 民俗と民俗学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本民俗学原論 : 人文学のためのレッスン
著作者等 真野 俊和
書名ヨミ ニホン ミンゾクガク ゲンロン : ジンブンガク ノ タメノ レッスン
書名別名 Nihon minzokugaku genron
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.10
ページ数 305, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-08192-4
NCID BA91460095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21657884
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想