これからの日本の森林づくり : 四手井綱英が語る

四手井綱英 著

四手井綱英が言い遺す、21世紀の森林づくり。森林生態学の先駆者、四手井綱英が、これからの日本のあるべき「もり」や「はやし」をどうつくっていくのか、四手井門下の研究者とともに貴重な提言を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-余生を駆り立てた山と森
  • 第1部 望ましい「もり」や「はやし」の姿(日本の「もり」と「はやし」
  • 近畿の「もり」
  • 琵琶湖の山や川
  • 東北地方の「もり」
  • ブナの「もり」
  • 天然の巨木は取り戻せないか
  • 外来種をどう扱うか-センペルセコイア
  • 紅葉は北半球に多い
  • 極北の国フィンランド)
  • 第2部 これからの森林づくり(森林の働き
  • 自然にまかせるか、手を加えるか
  • 都市景観と自然
  • 孤立化したブナ林の復元
  • 亜高山帯林の取り扱い方
  • 大風害を受けたトドマツ林-層雲峡の森
  • 私の経験した二〇世紀の日本林業
  • ブナ天然林の危機
  • 四手井家の庭の生き物たち)
  • 第3部 四手井綱英という人(探検部長として
  • 梅里雪山の遭難
  • 四手井綱英を語る)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これからの日本の森林づくり : 四手井綱英が語る
著作者等 荻野 和彦
只木 良也
四手井 淑子
四手井 綱英
大住 克博
岩坪 五郎
有光 一登
村尾 行一
渡辺 弘之
田淵 隆一
書名ヨミ コレカラ ノ ニホン ノ シンリンズクリ : シデイ ツナヒデ ガ カタル
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2009.9
ページ数 173p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7795-0393-1
NCID BA91409983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21656855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想