知のオデュッセイア : 教養のためのダイアローグ

小林康夫 著

本質的他者との対話への準備がないものは大学を去れ!-時に創造的に介入し、また偶然に導かれて、「出会う」力とは。自らの枠を超えて呼びかけに応答し、「人間についての新しい思考」を模索する旅を綴り、「知」のアクティヴィストとしての本領を存分に発揮したエッセー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • サイエンスの海へ(駒場の大きな樹の下で夕陽を浴びながら
  • 帰還への漂流
  • 花粉と中性子星、あるいは暗黒エネルギーと神
  • プラトン滅びず、あるいは「数」と「次元」 ほか)
  • アートの空へ(達人とは「会う力」である
  • ミラノ・プラダ夫人宅での天心茶会
  • モネと吉田喜重
  • コスモガーデンでトークする ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知のオデュッセイア : 教養のためのダイアローグ
著作者等 小林 康夫
書名ヨミ チ ノ オデュッセイア : キョウヨウ ノ タメノ ダイアローグ
書名別名 Chi no odyusseia
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2009.8
ページ数 280p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-13-013026-4
NCID BA91224660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21722020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想