実践国史教育体系  第8巻 国史教科書挿絵の精神と指導

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 國史挿畫に對する態度 / 1
  • 第二章 尋常小學國史上卷 / 9
  • 一 皇大神宮 / 9
  • 二 神武天皇御東征圖 / 16
  • 三 神武天皇がけはしい山道をお進みになつた / 21
  • 四 日本武尊御東征圖 / 24
  • 五 日本武尊が御劒をぬいて草を薙ぎはらひなさつた / 29
  • 六 朝鮮半島諸國圖 / 30
  • 七 神功皇后がはるかに新羅の方を御らんになつた / 35
  • 八 仁徳天皇が盛に立ちのぼるかまどの煙を御らんになつた / 36
  • 九 聖徳太子 / 39
  • 十 中臣鎌足が御靴を中大兄皇子にさし上げた / 44
  • 十一 大佛供養 / 47
  • 十二 和氣清麿が神の教を申し上げた / 51
  • 十三 桓武天皇 / 53
  • 十四 平安京圖 / 55
  • 十五 大極殿 / 59
  • 十六 蝦夷征伐要地圖 / 63
  • 十七 最澄が經文を朝廷にさし上げた / 65
  • 十八 空海が唐に渡つた / 67
  • 十九 菅原道眞が御衣をささげて詩を作つた / 69
  • 二十 藤原氏の遊樂 / 71
  • 二十一 後三條天皇が學問におはげみになつた / 74
  • 二十二 奧羽要地圖 / 75
  • 二十三 源義家が弟義光と陣中で會つた / 78
  • 二十四 二條天皇が平清盛の邸に行幸をなさつた / 81
  • 二十五 平重盛が父清盛の不忠を諫めた / 84
  • 二十六 源平合戰要地圖 / 87
  • 二十七 一谷の戰 / 92
  • 二十八 頼朝が富士の裾野で狩をもようした / 95
  • 二十九 隱岐の御所 / 97
  • 三十 元平來寇の圖 / 99
  • 三十一 弘安の役 / 102
  • 三十二 笠置おち / 104
  • 三十三 楠木正成が後醍醐天皇に拜謁した / 106
  • 三十四 京都附近の要地圖 / 109
  • 三十五 櫻井の驛での正成父子の別 / 113
  • 三十六 新田義貞が北國に向つた / 115
  • 三十七 北畠親房ら海上で大風にあつた / 118
  • 三十八 楠木正行が賊兵をいたはつた / 120
  • 三十九 楠木正行が歌を如意輪堂に書きとめた / 122
  • 四十 筑後川の戰 / 125
  • 四十一 金閣 / 127
  • 四十二 應仁の亂 / 130
  • 四十三 北條氏康 / 133
  • 四十四 戰國要地圖(東方圖・西方圖) / 134
  • 四十五 川中島で對陣している上杉謙信・武田信玄 / 139
  • 四十六 毛利元就が嚴島神社に參詣した / 141
  • 四十七 後奈良天皇の御筆 / 142
  • 第三章 尋常小學國史下卷 / 145
  • 一 織田信長が桶狹間に向つた / 145
  • 二 信長が皇居をおつくろひ申しあげた / 147
  • 三 近畿東海道地方圖 / 149
  • 四 聚樂弟の行幸 / 153
  • 五 豊臣秀吉が軍船の出發を見送つた / 155
  • 六 朝鮮要地圖 / 157
  • 七 加藤清正が蔚山に向つた / 160
  • 八 徳川家康が學問を修めた / 162
  • 九 家康が大阪城を攻めた / 164
  • 十 徳川家光が諸大名をためした / 166
  • 十一 後光明天皇 / 168
  • 十二 徳川光圀が大日本史を作つた / 170
  • 十三 大石良雄らがその主の讐を討つた / 171
  • 十四 朝鮮の使者の行列 / 173
  • 十五 徳川吉宗が鷹狩をもよほした / 175
  • 十六 松平定信が海岸を見て廻つた / 176
  • 十七 本居宣長の書齋 / 178
  • 十八 高山彦九郎が御所ををがんだ / 180
  • 十九 蒲生君平が順徳上皇の御陵に參拜した / 182
  • 二十 徳川齊昭が盛に大砲を鑄た / 183
  • 二十一 アメリカ合衆國の使ペリーが來た / 185
  • 二十二 幕末外交關係要地圖 / 187
  • 二十三 井伊直弼の登城 / 189
  • 二十四 三條實美が勅を將軍家茂に傳へた / 191
  • 二十五 孝明天皇 / 194
  • 二十六 征討大將軍彰仁親王が軍を進められた / 196
  • 二十七 東京行幸の折に農事を御らんになつた / 199
  • 二十八 西南役要地圖 / 201
  • 二十九 博愛社 / 203
  • 三十 憲法を御發布になつた / 205
  • 三十一 大本營で軍務を御らんになつた / 207
  • 三十二 明治二十七八年戰役要地圖 / 210
  • 三十三 能久親王が臺灣をお討ちになつた / 211
  • 三十四 靖國神社に行幸をなさつた / 213
  • 三十五 明治三十七八年戰役要地圖 / 215
  • 三十六 大山大將が奉天に入つた / 218
  • 三十七 東郷大將が旗艦三笠で指圖した / 220
  • 三十八 韓國併合 / 222
  • 三十九 明治天皇 / 224
  • 四十 明治神宮 / 226
  • 四十一 わが飛行機が青島の無線電信所を襲つた / 228
  • 四十二 歐州大戰關係地圖 / 230
  • 四十三 御即位の禮をお擧げになつた / 232

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 実践国史教育体系
書名ヨミ ジッセン コクシ キョウイク タイケイ
書名別名 Jissen kokushi kyoiku taikei
巻冊次 第8巻 国史教科書挿絵の精神と指導
出版元 晃文社
刊行年月 昭12至13
ページ数 9冊
大きさ 19cm
全国書誌番号
46055034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想