英語教育叢書  第1 英語教育の理論と問題

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緒言 / iii
  • I. 何故教へるか / 1~7
  • i. 英語教授の變遷 / 2
  • ii. 英語教授局限論に就いて / 3
  • iii. 隨意科とする意見に就いて / 4
  • iv. 英語普及の必要 / 4
  • v. 其後の進歩 / 5
  • 明治初年との相異
  • (一) 所謂「原書」の必要の減少
  • (二) 高級の實用英語
  • (三) 能力養成に適する教授法の發達
  • (四) 體系の知識と運用の能力との兩全
  • 現状の認識不足より來る杞憂
  • vi. 入學試驗と英語 / 6
  • II. 何を教へるか / 7~18
  • i. 先決問題 / 7
  • ii. 國民教育の一學科としての英語 / 8
  • iii. 「標準英語」を教へることの當否 / 9
  • (1) 知識としての英語 / 9
  • (2) 實用に便利な英語 / 10
  • (3) 本格的の英語(Standard English「標準英語」) / 12
  • iv. 「標準英語」の附帶條件 / 13
  • v. 「標準英語」の特徴 / 14
  • vi. 標準英語の初歩と簡易英語との區別 / 15
  • vii. 簡易化の要件 / 17
  • III. 如何にして教へるか / 18~22
  • 教授法の改善 / 18
  • Fukushima Planの成績と問答の速度 / 20
  • IV. 日本の英語教育に關聯する實際問題 / 22~39
  • 英語の學習の定義及び之より派生する諸問題 / 22
  • i. 英語の學習時期 / 23
  • ii. 學習上の障害 / 24
  • iii. 「直譯」「譯讀」の意義 / 25
  • iv. 譯讀法の改良と譯文の根本的缺陷 / 26
  • v. Natural Method と Natural Process / 29
  • vi. Natural Methodの補強 / 31
  • vii. 自國語の利用 / 32
  • viii. 必要以上の自國語使用 / 34
  • ix. 運用能力と體系知識との關係 / 34
  • x. Oral Work活用の要旨 / 35
  • xi. 上級學校に於ける教授法の革新 / 36
  • xii. 運用能力の増進とその効果 / 37
  • xiii. 讀本の改善に就いて / 38
  • xiv. 教科書の種類と授業分擔の變遷 / 39
  • V. 新教授法と文法の整理 / 39~46
  • 從來の文法教授 應用文法 軌範文法 眞の文法 / 39
  • 理論文法の錯誤と非實用性 / 40
  • 1. Nounの分類
  • 2. Gender と Sex
  • 3. Case
  • 4. Pronoun
  • 5. Verbの變化と稱する敍述の構成
  • 6. Subjunctive Mood
  • 7. Auxiliary Verb とは何か
  • 8. Transitive と Intransitive
  • 9. 品詞とは何か 言語材料の單位は何か 言語に於ける偶像破壞と迷信打破(註)
  • 新教授法による應用文法教授の要領 / 44
  • VI. 語彙選定の革新及び今後の問題 / 46~57
  • 學習語彙の區分及び程度の考察 / 51
  • VII. 發音記號の利用と改善 / 58~61
  • VIII. 各種作業に於ける注意事項 / 62~66
  • i. 作文 / 62
  • ii. 會話 / 63
  • iii. 習字 / 63
  • iv. 書取 / 64
  • v. 練習と考査 / 66
  • IX. 英國の英語と米國の英語 / 67~71
  • X. 客觀的考査と運用能力の測定 / 72~75
  • XI. 語學と教養 / 76~87
  • 語學の目的 / 76
  • 外國語學習による教養とは何か / 77
  • 語學的立場 / 79
  • 教材の洗錬 / 81
  • 教材内容の教養價値 / 84
  • 附録I. 中等學校に於ける英語科の重要性に關する聲明書 / 89~91
  • 中等學校に於ける英語科 / 89
  • 要旨 / 89
  • 外國語教授の必要なる理由
  • 1. 自國文化の充實
  • 2. 日本の世界的進出
  • 3. 教育價値
  • 4. 實用價値
  • 附説 / 90
  • 1. 外國語中英語を選ぶ理由
  • 2. 外國語學習の最好時期は「中等學校時代」
  • 附録II. 外國語の學習並に教授に於いて準據すべき言語に關する基本事項 / 92~114
  • 外國語教育必要論 / 92
  • 1. 言語體系と言語運用 / 95
  • 2. 言語材料 / 96
  • 3. 言語材料の可變性 / 100
  • 4. 「言語の學習」とは何か / 102
  • 5. 言語體系中必須なるものと然らざるもの / 105
  • 6. Phone,Phoneme及びLetter,Grapheme / 106
  • 7. 「體系の知識」と「運用の能力」 / 107
  • 8. 耳・口・目・手による運用能力 / 108
  • 9. 「飜譯」とは何か / 109
  • 10. 「外國語の學習」とは何か / 111
  • 附録III. 語彙選定の要旨 / 115~119
  • 附録IV. 英語教科書の改善に就いて / 120~121
  • 附録V. 譯讀法支持の異説に就いて / 122~129
  • 問題の檢討 / 123
  • 教授法改革の必要なしとの説 / 126
  • 英語教育に對する多樣なる世論の例 / 128
  • 附録VI. 英語とローマ字との關係 / 130~133
  • 既往の事實と問題の發生 / 130
  • ローマ字綴の英語 / 131

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 英語教育叢書
書名ヨミ エイゴ キョウイク ソウショ
書名別名 Eigo kyoiku sosho
巻冊次 第1 英語教育の理論と問題
出版元 研究社
刊行年月 昭10至12
ページ数 6冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
46044957
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想