岩波講座物理学及び化学  化学 第3 D

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 金相學の目的及び方法 / 1
  • a. 金相學の定義 / 1
  • b. 金相學の方法 / 1
  • c. 金相學の與ふる效果 / 2
  • 第二章 一元系 / 4
  • 1. 相の變化に伴ふ性質の變化 / 4
  • a. 理想的三相平衡状態圖 / 4
  • b. 各相の含熱量 / 6
  • 2. 結晶生成に關する現象 / 8
  • a. 金屬の内的組織 / 8
  • b. 融液中に生成する結晶の形象 / 9
  • 3. 加工による金屬の變性 / 10
  • a. 變性の原因 / 10
  • b. 彈性の上限及び下限 / 13
  • c. 加工に由る金屬の性質の改善 / 14
  • d. 低温加工を經たる金屬の復舊性 / 16
  • 第三章 二元系 / 17
  • 4. 二元状態圖 / 18
  • a. 共晶的合金 / 19
  • b. 極大點により示さるる化合物を有する場合 / 24
  • c. 極大點を有せざる化合物の場合 / 25
  • d. Aの融液とBの夫とが完全に溶解せず,各の飽和融液より成る二層に分離する場合 / 27
  • e. 化合物AmBnの融液がA又はBの融液と二層を成す場合 / 28
  • f. 缺部なき固溶體列を作る合金 / 28
  • g. 缺部ある固溶體列よりなる合金 / 30
  • h. 缺部ある固溶體型の變格 / 31
  • 第四章 二元合金の實例 / 32
  • 5. 亞鉛カドミウム系 / 32
  • 6. マグネシウム錫系 / 33
  • 7. 金-◇系 / 33
  • 8. 銅-タリウム系 / 34
  • 9. ナトリウム-亞鉛系 / 34
  • 10. 金銀系及び金-銅系 / 34
  • 11. 銀-銅系 / 35
  • 12. 水銀-カドミウム系 / 36
  • 13. 鐵-炭素系 / 36
  • a. 純鐵 / 36
  • b. セメンタイト / 37
  • c. 鐵-炭素の不安定系 / 38
  • d. 鐵-炭素の安定系 / 43
  • e. マルテンサイト,トルースタイト,ソルバイト / 45
  • f. 炭素鋼の各相遷移に關する理論 / 49
  • 14. 銅-亞鉛系 / 50
  • 15. 銅-錫系 / 54
  • 第五章 三元系 / 60
  • 16. 三元結晶の諸型 / 60
  • a. 三元共晶の場合 / 61
  • b. 三元の中A及びBは化合物Dを作る,而して此等四元は融液にあつては凡ての比を以て相溶かすも固相としては全然分離晶化する場合 / 66
  • c. 三元融液より固溶體を生ずる場合 / 69
  • 第六章 三元合金の實例 / 71
  • 17. 銀-銅-亞鉛系 / 71
  • 第七章 X線に由る研究法 / 76
  • 18. ラウエ以前に知られたるX線の諸性質及び其應用 / 76
  • 19. X線と結晶 / 78
  • a. ラウエの理論 / 78
  • b. ブラッグの結晶によるX線反射の理論 / 82
  • c. 粉末状結晶によるX線の廻折 / 86
  • 20. X線による金屬結晶組織の檢査 / 87
  • a. 金相學に應用せらるるX線檢査法の分類 / 87
  • b. 透過檢査法 / 88
  • c. 反射檢査法 / 89

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 岩波講座物理学及び化学
書名ヨミ イワナミ コウザ ブツリガク オヨビ カガク
書名別名 Iwanami koza butsurigaku oyobi kagaku
巻冊次 化学 第3 D
出版元 岩波書店
刊行年月 昭6.7-8.7
版表示 増訂版
ページ数 31冊
大きさ 22-23cm
全国書誌番号
46044889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想