新潟医科大学病理学教室研究報告  第37輯

新潟医科大学病理学教室 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緒論 / 2
  • 第一編 人蟲樣突起粘膜ニ於ケル銀親和細胞ニ關スル形態學的研究 / 4
  • 第一章 序言 / 4
  • 第二章 研究材料及ビ研究方法 / 5
  • 第一節 研究材料 / 5
  • 第二節 研究方法 / 5
  • 第三章 研究成績 / 6
  • 第一節 正常蟲樣突起粘膜ニ於ケル銀親和細胞ノ分佈所見 / 6
  • 第二節 病的變化セル蟲樣突起粘膜ニ於ケル銀親和細胞ノ分佈所見 / 12
  • 第四章 總括並ニ考按 / 28
  • 第一節 銀親和細胞ノ頻度特ニ炎衝作用ノ之ニ及ボス影響ニ就テ / 28
  • 第二節 銀親和細胞ノ年齡的關係ニ就テ / 32
  • 第三節 蟲樣突起粘膜殊ニ隱窩内銀親和細胞ノ數ニ就テ / 35
  • 第四節 蟲樣突起粘膜實質組織ニ於ケル銀親和細胞ニ就テ / 36
  • 第一項 銀親和細胞ノ形状
  • 第二項 銀親和細胞ノ核
  • 第三項 銀親和細胞ノ顆粒
  • 第五節 蟲樣突起粘膜結締織ニ於ケル銀親和細胞ニ就テ / 38
  • 第六節 實質性並ニ結締織性銀親和細胞ノ相互關係ニ就テ / 38
  • 第七節 蟲樣突起ニ於ケル所謂「カルチノイド」ト銀親和細胞トノ成因的關係ニ就テ / 39
  • 第五章 本編ノ結論 / 42
  • 第二編 動物ノ胃腸管粘膜ニ於ケル銀親和細胞ニ關スル形態學的及ビ實驗的研究 / 44
  • 第一章 序言 / 44
  • 第二章 實驗材料並ニ實驗方法 / 44
  • 第三章 實驗成績 / 45
  • 第一節 海猽ノ胃腸管粘膜ニ於ケル銀親和細胞ノ分佈ニ就テ / 45
  • 附 海猽ノ内分泌臟器及ビ其他臟器ニ於ケル銀親和細胞ノ分佈ニ就テ / 48
  • 第二節 諸種動物ノ胃腸管粘膜ニ於ケル銀親和細胞ノ分佈ニ就テ / 48
  • 第三節 銀親和細胞ノ食餌的關係ニ就テ / 49
  • 第一項 飢餓時ニ於ケル海猽ノ銀親和細胞ニ就テ
  • 第二項 卵黄飼養海猽ニ於ケル銀親和細胞ニ就テ
  • 第三項 含水炭素過剰食餌攝取海猽ノ銀親和細胞ニ就テ
  • 第四節 「ヴィタミン」缼乏ノ銀親和細胞ニ及ボス影響ニ就テ / 51
  • 第五節 「ピロカルピン」及ビ「アトロピン」ノ銀親和細胞ニ及ボス影響ニ就テ / 52
  • 第六節 諸種「ホルモン」ノ銀親和細胞ニ及ボス影響ニ就テ / 52
  • 第一項 「インミュリン」ト銀親和細胞トノ關係
  • 第二項 鹽化「アドレナリン」ト銀親和細胞トノ關係
  • 第三項 「ピッイトリン」ト銀親和細胞トノ關係
  • 第四章 總括並ニ考按 / 59
  • 第五章 本編ノ結論 / 69
  • 分献並ニ附圖説明 / 71

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新潟医科大学病理学教室研究報告
著作者等 新潟医科大学
新潟医科大学病理学教室
書名ヨミ ニイガタ イカ ダイガク ビョウリガク キョウシツ ケンキュウ ホウコク
書名別名 Niigata ika daigaku byorigaku kyoshitsu kenkyu hokoku
巻冊次 第37輯
出版元 新潟医科大学病理学教室
刊行年月 昭和9-12
ページ数 22冊
大きさ 27cm
全国書誌番号
46041390
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想