電気試験所研究報告  第459号 カドミウム標準電池に關する研究

電気試験所 編

出版者: 第437, 441-442, 444-453号 工業調査会 第455-458号 オーム社

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 總論 / 1
  • 第一節 序言 / 1
  • 第二節 標凖電池として具備すべき條件 / 2
  • 第三節 製作方法一般 / 3
  • 第四節 電氣的測定 / 4
  • 第二章 カドミウム標凖電池各論 / 6
  • 第一節 中性不飽和型標凖電池 / 6
  • 1. 電解液の調製 / 6
  • 2. ガラス器 / 7
  • 3. 起電力 / 7
  • 4. 温度特性 / 8
  • 5. 安定度及び再生度 / 8
  • 6. ヒステリシス / 8
  • 第二節 酸性不飽和型標凖電池 / 10
  • 1. 序言 / 11
  • 2. 稀硫酸中への硫酸カドミウムの溶解度 / 11
  • 3. 硫酸カドミウム濃度が一定なる場合の電解液の酸性度と起電力との關係 / 11
  • 4. 電解液の酸性度が一定なる場合の硫酸カドミウム濃度と起電力との關係 / 12
  • 5. 温度特性 / 13
  • 6. 安定度及び再生度 / 13
  • 7. ヒステリシス / 13
  • 8. 最良なる酸性不飽和電池 / 15
  • 第三節 中性飽和型標凖電池 / 15
  • 第四節 酸性飽和型標凖電池 / 17
  • 1. 序言 / 17
  • 2. 酸性度と起電力との關係 / 18
  • 3. 温度係數 / 18
  • 4. 安定度及び再生度 / 22
  • 5. ヒステリシス / 23
  • 第三章 カドミウム標凖電池の一般的特性 / 24
  • 第一節 ヒステリシス / 24
  • 第二節 成極作用 / 27
  • 1. 序言 / 27
  • 2. 實驗方法 / 28
  • 3. 實驗結果 / 31
  • (A) 標凖電池の年齡と成極作用並に回復作用 / 31
  • (B) 酸性電池と中性電池との成極作用並に回復作用の相異 〔附〕温度と成極作用との關係 / 32
  • (C) 電流密度と成極作用との關係 / 34
  • 4. 成極作用の機構に關する考察 / 34
  • 5. 總括 / 38
  • 第四章 標凖電池の安定度に及す諸因子に關する研究 / 39
  • 第一節 硫酸第一水銀の製法に關する研究 / 39
  • 1. 序言 / 39
  • 2. 直流電解法 / 39
  • 3. 交流電解法 / 40
  • 4. 化學的沈澱法 / 41
  • 5. 起電力並にその安定度 / 41
  • 第二節 カドミウム・アマルガム / 44
  • 第三節 成極作用 / 45
  • 第四節 容器用ガラス及び電極に關する研究 / 46
  • 1. ガラスの溶解 / 46
  • 2. 電極の溶解 / 49
  • 第五節 化學光線の影響 / 50
  • 1. 序言 / 50
  • 2. 菫外線の影響 / 51
  • 3. エツクス線の影響 / 52
  • 4. 太陽光線の影響 / 53
  • 第六節 重水の影響 / 53
  • 第五章 酸性標凖電池に關する理論的考察 / 57
  • 第一節 硫酸第一水銀の加水解離 / 57
  • 第二節 硫酸第一水銀の酸化 / 59
  • 第三節 硫酸第一水銀の不安定及び酸性電解液 / 60
  • 第六章 結言 / 64
  • 引用文献 / 66

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 電気試験所研究報告
著作者等 逓信省電気試験所
電気試験所
書名ヨミ デンキ シケンジョ ケンキュウ ホウコク
書名別名 Denki shikenjo kenkyu hokoku
巻冊次 第459号 カドミウム標準電池に關する研究
出版元 電気日本社
刊行年月 昭和15-21
ページ数 29冊
大きさ 26cm
全国書誌番号
46040677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想