媒介言語論を学ぶ人のために

木村護郎クリストフ, 渡辺克義 編

異言語間コミュニケーションの多様な世界。異なる言語をもつ人々が出会うとき、どのような相互伝達がなされるか。異言語話者間の言語的な媒介に光をあて、世界各地のさまざまな形態を理論的・実証的に研究、媒介言語論の新たな地平を切り開く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 異なる言語を用いる人が出会うとき-媒介言語論の射程と課題
  • 1 言語的媒介の諸形態(覇権言語の興亡-科学伝搬を例に
  • 複数言語使用による媒介
  • 媒介のために創生される言語-ピジンとレオール
  • 媒介言語を「創出」する試み-計画言語の社会学
  • 視覚言語の交差点-国際手話の形成と展開)
  • 2 代表的な媒介言語とその特徴(媒介言語としての英語-3つの捉え方を通して
  • 媒介言語としての英語の実際使用場面
  • 媒介言語としての中国語の歴史とその現状
  • アラビヤ語の媒介性-クルアーンにおける言語観を中心に
  • 「超民族語」ウォロフ語
  • 日本語は何を媒介してきたのか)
  • 3 計画言語論・エスペラント論(言語学のなかの計画言語論
  • 計画言語の類型論
  • エスペラントのユダヤ的背景
  • エスペラント文学の可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 媒介言語論を学ぶ人のために
著作者等 Fairbrother, Lisa
Hollerich, Jean-Claude
三浦 伸夫
佐々木 嗣也
吉武 正樹
奥田 敦
安田 敏朗
市之瀬 敦
後藤 斉
斉藤 くるみ
木村 護郎
木村 護郎クリストフ
泉 邦寿
渡辺 克義
砂野 幸稔
臼井 裕之
谷 博之
刘 海涛
高橋 一聡
町田 直樹
書名ヨミ バイカイ ゲンゴ ロン オ マナブ ヒト ノ タメニ
出版元 世界思想社
刊行年月 2009.8
ページ数 356p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1425-5
NCID BA91058991
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21658082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想